ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 経済交流部 > 商工観光課 > 轟峡関係施設

本文

轟峡関係施設

ページ番号:0001609 更新日:2024年1月10日更新 印刷ページ表示

入場制限のお知らせ

路面凍結等による事故防止のため、令和5年12月20日より銀鈴渓を閉鎖しております。
期間:令和5年12月20日から令和6年2月29日まで(予定)

施設の立入制限状況及び県道通行止め等の詳細については、轟峡関係施設の立入禁止状況(令和6年1月10日現在) (PDFファイル:359KB)をご覧ください。

轟峡・轟渓流

多良岳に水源を発する「轟渓流」は、大小30余りの滝を連ねる県下有数の清流で「名水百選」に選定されており、虹をかけて流れ落ちる「楊柳の滝」など自然の宝庫です。周囲にひろがる轟の森林も「水源の森百選」に指定されています。

気象状況による轟峡一帯立入禁止等基準

轟峡関係施設への入場について、「立入禁止等基準」を設定し、気象状況等によって、立入禁止等の措置を行い、また立入禁止等の解除を行うことといたしました。詳細は「気象状況による轟峡一帯立入禁止等基準」をご確認ください。

気象状況による轟峡一帯立入禁止等基準 (PDFファイル:49KB)

令和2年7月25日、轟峡において、がけ崩れが発生し、遊歩道を通行されていた3人の方がこれに巻き込まれ、うち2人の方の尊い命が失われ、1人が重傷を負われる事故が発生いたしました。
諫早市では、二度と、このような痛ましい事故を発生させないため、気象状況による轟峡一帯立入禁止等基準を設定いたしました。
轟峡一帯の関係施設につきましては、本基準をもとに立入制限を行い、安全点検による安全確認をもって順次再開することといたします。
轟峡関係施設につきましては、気象状況により、予告なく閉鎖する場合がありますので、予めご了承ください。

※轟峡一帯は、自然に近い状態の渓谷です。上記の立入禁止等基準による施設の運用を行いますが、突然の落枝や落石等の危険性もありますので、気象状況を十分に考慮し無理な入場をしないようお願いいたします。また常駐の管理人は居ませんので、川遊び等の際は十分にご注意ください。

※轟峡一帯でのキャンプ及び火気の使用(たき火、バーベキュー等)を禁止します。

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)