ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

消費生活相談

ページ番号:0009475 更新日:2023年2月1日更新 印刷ページ表示

消費生活相談

商品の購入・サービス利用に伴うトラブルや、悪質商法等の被害などに関する相談について、専門の「消費生活相談員」が情報提供や解決のためのお手伝いを行います。

対象者

  • 諫早市在住の個人(市外在住の方は、お住まいの地域の相談窓口をご利用ください。)
  • 事業者(法人及び個人事業者)の方は対象外です。

開所日時

  • 平日8時30分~17時
  • 土曜日、日曜日、祝日、12月29日~1月3日はお休みです。

場所

  • 高城会館3階(高城町5-25)
  • 電話(0957-22-3113)による相談も行っています。
  • 市役所駐車場をご利用ください。(身障者の方は、高城会館前の身障者用駐車場が利用できます。)

相談事例​

  • 1回だけおためしのつもりで化粧品を購入したら定期購入だった。
  • アプリに出た広告を見てブランド品を格安で注文した。代金を振り込んだが商品が届かない。
  • 未成年の子どもが知らないうちにゲームで課金していて、高額な請求がきた。
  • 不審なSMSのリンクを開いてしまった。すぐに画面を閉じたが、翌月、高額な通信料の請求がきた。
  • SNSで知り合った人から勧められ投資サイトに手数料を支払ったが、出金できない。
  • 「簡単にもうかる」という情報商材を購入したが、高額なサポート契約を利用しないと収益が得られないと強引に契約させられた。
  • 無料と言われ屋根の点検を受けたら、このままでは危険だと言われ、高額な修理を契約させられた。
  • 着物を買い取りたいと業者から電話があり、自宅に訪問してきた。着物は買い取りを断られ、宝石や貴金属を強引に買い取られた。

この他にも様々なトラブルの相談があっています。「この契約はおかしい」と思ったら、お気軽にご相談ください。

 

関係機関