ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 地域政策部 > 移住定住推進課 > 諫早市小長井地域新生活支援補助金

本文

諫早市小長井地域新生活支援補助金

ページ番号:0001062 更新日:2023年4月18日更新 印刷ページ表示

令和5年度小長井地域新生活支援補助金 チラシの表紙

小長井地域で新生活を始めませんか?

諫早市では、人口減少対策の強化および地域の活性化の促進のため、小長井地域で新たに生活を始める世帯に対する支援を実施します。

対象地域

小長井地域(小長井町の全域)

対象世帯

世帯の別 内容
(1)夫婦世帯 夫婦の合計年齢が80歳以下で夫婦の双方または一方が小長井地域外に居住しており、新たに令和5年3月1日以後に小長井地域で生活を始める世帯
(2)子育て世帯 高校生以下の子がいる世帯で、父母の双方または一方が小長井地域外に居住しており、新たに令和5年3月1日以後に小長井地域で生活を始める世帯
(3)その他の世帯 (1)及び(2)以外の世帯で、小長井地域外に居住しており、新たに令和5年3月1日以後に小長井地域で生活を始める世帯。

※(1)(2)について、夫婦(父母)の双方が小長井地域内に居住している場合は、新婚世帯に限り補助対象。
(新婚世帯=令和5年3月1日以降に婚姻届を提出し、受理された夫婦のこと)
※(3)について、世帯員の1名以上が就業していることが要件。(単身での転入・転居でも可)
高校生以下=18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者
※(1)(2)(3)いずれも小長井地域へ5年以上の継続した居住が必要です。

対象経費

  • 住宅取得費用
  • 住宅賃貸費用(家賃・敷金・礼金・共益費・仲介手数料)
  • 改修費
  • 増築費
  • 引越費用

※令和5年4月1日以降に支払いが完了した費用が対象となります。
 対象費用の詳細についてはお問い合わせください。

補助上限額

世帯の別 補助上限額
(1)夫婦世帯 75万円(夫婦の双方または一方が市外からの転入の場合は150万円)
(2)子育て世帯 100万円(夫婦の双方または一方が市外からの転入の場合は200万円)
(3)その他の世帯 10万円(市外からの転入の場合は20万円)

※補助対象経費の総額(1,000円未満切捨)が補助額となります。
※夫婦(父母)の双方が小長井地域内に居住している新婚世帯の場合は(1)(2)ともに50万円(夫婦双方の婚姻日における年齢が29歳以下、かつ、世帯の所得が500万円未満の新婚世帯については、補助限度額60万円)。

申請期限

令和6年3月31日まで

申請手続き

申請をされる場合は、下記の書類を添えて、諫早市移住定住推進課へ提出してください。
なお、申請予定の方は、対象者要件や必要書類の確認を行いますので、申請前に事前相談をお願いします。
既に国や県の補助金を申し込まれている場合は、補助対象外となる可能性があります。
まずはご相談ください。

 
対象 必要な書類
共通

令和5年度 小長井地域新生活支援補助金交付申請書(様式第1号) (PDFファイル:152KB)

新婚世帯のみ提出 夫婦双方の所得証明書
貸与型奨学金の返済額が分かる書類の写し
(現に貸与型奨学金の返済を行っている場合に限る。)
住宅取得の場合 売買契約書または工事請負契約書のコピー
住宅賃貸借の場合 賃貸借契約書のコピー
住宅手当支給証明書(様式第2号) (PDFファイル:56KB)
 ※給与所得者全員分
住宅改修・増築の場合 住宅の改修・増築に係る見積書または工事請負契約書等の写し
その他の世帯のみ提出 就業証明書(様式第3号) (PDFファイル:51KB)
またはこれに準ずる書類
共通 住居費、引越費用、改修費及び増築費いに係る領収書のコピー
戸籍謄本
世帯全員の住民票の写し
夫婦双方(世帯員)の市税等の完納証明書

*申請時には小長井新生活支援補助金 チェックリスト (PDFファイル:165KB)にてご確認をお願いします。

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)