◆熱中症とは、高温多湿な環境に長時間いることで、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態をさします。場合によっては命に関わることもあります。熱中症は、屋外だけでなく屋内でも多く発生しています。夜間も注意が必要です。

 

◆熱中症予防のために

【暑さを避ける、身を守る】
*室内では
・扇風機やエアコンで湿度を調節
・遮光カーテン、すだれ等を利用
・室温をこまめに確認

*屋外では
・日傘や帽子の着用
・日陰の利用、こまめな休息
・天気のよい日は、日中の外出をできるだけ控える

*からだの蓄熱を避けるために
・通気性のよい、吸湿性・速乾性のある衣服を着用する
・保冷剤、氷、冷たいタオルなどでからだを冷やす

【こまめに水分を補給する】
 室内でも、屋外でも、のどの渇きを感じなくても、こまめに水分・塩分、スポーツドリンクなどを補給する

 

◆熱中症警戒アラート
「熱中症警戒アラート」(令和3年4月~全国で開始)は、熱中症の危険性が極めて高い暑熱環境になると予想される日の前日夕方または当日早朝に都道府県ごとに発表されます。
発表されている日には、外出を控える、エアコンを使用する等の熱中症予防行動を積極的にとりましょう。

 

◆熱中症警戒アラート発表時の予防行動
*不要不急の外出はできるだけ避けましょう
*外での運動は、原則、中止・延期をしましょう
*昼夜を問わず、エアコン等を使用して部屋の温度を調整しましょう
*普段以上に「熱中症予防行動」を実践しましょう
*のどが渇く前にこまめに水分補給(1日あたり1.2ℓが目安)、涼しい服装
*高齢者、子ども、持病のある方、肥満の方、障害者など熱中症のリスクが高い方には、身近な方から、夜間を含むエアコンの使用やこまめな水分補給など声をかけましょう。

 

◆コロナ禍での熱中症予防
*屋外で人と十分な距離(2m以上)を確保できる場合は適宜マスクをはずしましょう
*特に運動時には、忘れずにマスクをはずしましょう
*マスクを着用する場合でも、屋内で熱中症のリスクが高い場合には、エアコンや扇風機、換気により、温度や湿度を調整して、こまめに水分補給をしましょう

 

【リンク】
◆環境省ホームページ「熱中症予防情報サイト」(外部サイトへリンク)
◆厚生労働省ホームページ「熱中症予防のための情報・資料サイト」(外部サイトへリンク)

お問い合わせ
健康保険部 健康推進課
〒854-8601 長崎県諫早市東小路町7-1(本庁・本館3階)
電話番号:0957-22-1500(代表)
ファクス:0957-27-0717

より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...