令和2年中の県央消防本部管内での救急車の出動件数は、10,089件で、6年連続で1万件を超えました。
この中には、酒酔いや打撲、切り傷など明らかに緊急性が低いと思われる救急要請もみられ、また、病院までタクシー代わりに呼ぶなど不適切なケースも少なくありません。
県央消防本部管内(3署7分署)には、それぞれ1台の救急車しかありません。もし、出場が重なった場合は、遠くの消防署から現場に向かうため到着が遅れてしまいます。
救急車を本当に必要とする人のために、みなさんのご理解とご協力をお願いします。
※県央消防本部管内 諫早市、大村市、雲仙市(国見町、瑞穂町を除く)

こんな症状がでたら、ためらわずに119番に連絡してください!

病院に連れて行った方がいいのか? 相談したい場合

  • スマートフォンアプリで救急車を呼ぶ目安を判定
    全国版救急受診アプリ「Q助」(外部サイトへリンク)
  • お子さんの急な病気などで心配なとき、経験豊富な看護師が対処法や応急処置についてアドバイスします。
    長崎県子ども医療電話相談センター 電話番号 #8000
  • 電話による医療機関の紹介
    県央消防本部通信指令課 電話番号 0957-23-8199
お問い合わせ
健康保険部 健康推進課
〒854-8601 長崎県諫早市東小路町7-1(本庁・本館3階)
電話番号:0957-22-1500(代表)
ファクス:0957-27-0717

より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...