最新のお知らせ
ワクチン接種の予約は

▼12歳から15歳の方
ワクチン接種にあたっては、保護者の同伴が必要です。

▼ウェブで
予約サイトはこちら
↓↓↓↓↓↓

▼電話で
諫早市ワクチン接種コールセンター
℡(0957-46-6500)
受付時間
・午前8時30分~午後7時(月曜日~金曜日)
・午前8時30分~午後5時30分(土曜日)※7月末まで

日中はコールセンターへの問い合わせや接種予約サイトへのアクセスが集中するため、つながりにくい状況です。つながらない場合はしばらく時間をおいて再度お試しください。
諫早市ワクチン接種予約サイトは24時間受付可能です。夜間は日中に比べアクセスしやすいため、インターネット環境がない方も家族の方などに相談し、予約サイトからの受け付けをご利用ください。
コールセンターの電話番号のかけ間違いが発生しています。お問い合わせの際はご注意ください。

新型コロナワクチン接種

新型コロナウイルス感染症による死亡者や重症者の発生をできる限り減らし、結果として新型コロナウイルス感染症の蔓延防止を図ることを目的としています。
接種のスケジュールや会場等の情報は、詳細が決まり次第、随時ホームページ等でお知らせします。


《目次》

  1. 接種対象者
  2. 手続き・予約方法
  3. 接種場所
  4. スケジュール
  5. 費用
  6. ワクチン接種の副反応
  7. 予防接種健康被害救済制度
  8. 各種申請(証明、基礎疾患、再発行、住所地外)
  9. ワクチンロスへの対応
  10. 詐欺にご注意ください
  11. 新型コロナウイルスに関する情報

1.接種対象者

諫早市の住民基本台帳に登録されている12歳以上の方が対象です。【注1】
単身赴任者や学生、入院・施設入所者など、諫早市住民基本台帳に登録がなく、やむを得ない事情で諫早市内に居住する方も対象となります。また、同事情によって、諫早市住民基本台帳に登録があり、市外に居住している方は、現在の居住地で接種することができます。

【注1】ファイザー社製のワクチンは、接種対象者は12歳以上の方になります。他のワクチン接種に関する情報は、今後、国の情報をもとに、順次更新していきます。

2.手続き・予約方法

《1回目接種》
(1)諫早市から「接種券」「新型コロナワクチン接種のお知らせ」「予診票」「接種会場一覧」などが届きます。
(2)ワクチン接種を受けることができる市の特設会場(集団接種)や医療機関(個別接種)をお探しください。
(3)電話やインターネットで予約をしてください。
●市の特設会場(集団接種)で接種を受ける場合・・・コールセンター、諫早市公式ホームページ、市公式LINEで予約をしてください。
●医療機関(個別接種)で接種を受ける場合・・・医療機関へ直接予約をしてください。
(4)ワクチン接種を受ける際には、「接種券」「予診票」「本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証など)」を必ずご持参ください。

ワクチン接種の流れ

《2回目接種》
1回目接種時に接種会場で予約します。
原則、3週間後に接種することになります。

なお、集団接種会場で接種を受ける場合、2回目の予約は1回目の接種会場で行い、3~4週間後の間でこちらから指定する日時及び会場で接種していただきます。
ご希望に添えない場合がございますのでご了承ください。

3.接種場所

ワクチン接種は、①「集団接種」市が設置する特設会場で、②「個別接種」かかりつけ病院・診療所等で実施します。

①集団接種 ②個別接種
接種場所 ●健康福祉センター
※会場・日程の詳細はこちら
※会場の地図・巡回バス時刻表はこちら
市内の病院・診療所等
※医療機関の詳細はこちら
接種開始日 5月17日から順次開始 5月24日から順次開始
※接種が可能となった医療機関から順次開始

健康福祉センターで集団接種を受けられる方へ
<臨時駐車場のお知らせ>

車でお越しの際は、上山公園駐車場(全日)、新道駐車場(平日のみ)、市役所前駐車場(土日祝日のみ)をご利用ください。各駐車場からは、ジャンボタクシーにて随時送迎します。
また、平日のみ市役所前バス停からも巡回バスを運行していますのでご利用ください。
※巡回バスは14時25分以降は運行していませんので、ご注意ください。
※平日は市役所前駐車場に駐車できませんので、ご注意ください。

接種に付添が必要な方は、健康福祉センターの駐車場をご利用できますので、正面入口の係員にお知らせください。

▲目次に戻る

4.スケジュール

国が示している優先順位とワクチンの供給量に応じて、対象者に順次、接種券(クーポン券)を発送しています。
ワクチンを接種するにあたっては、接種券が必要です。接種券がお手元に届いた方から、予約をしていただき、ワクチン接種が受けられます。

ワクチン接種スケジュール

※9月以降に12歳になる人には、誕生月の翌月に発送します。

▲目次に戻る

5.費用

無料

▲目次に戻る

6.ワクチン接種の副反応

主な副反応は、注射した部分の痛み、頭痛、関節や筋肉の痛み、疲労、寒気、発熱等があります。また、まれに起こる重大な副反応として、ショックやアナフィラキシーがあります。なお、ファイザー社製のワクチンは新しい種類のワクチンであるため、これまで明らかになっていない症状が出る可能性があります。接種後に気になる症状を認めた場合は、接種医あるいはかかりつけ医に相談してください。

▲目次に戻る

7.予防接種健康被害救済制度

予防接種では健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が起こることがあります。極めてまれではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。新型コロナワクチンの予防接種によって健康被害が生じた場合、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。
厚生労働省ホームページ(外部サイトへリンク)

▲目次に戻る

8.各種申請(証明、基礎疾患、再発行、住所地外)

▼新型コロナワクチン接種証明書

7月26日(月曜)から「海外渡航の予定がある方」を対象に、新型コロナワクチン接種証明書の申請受付を開始します。

○対象者
新型コロナウイルスワクチン接種時に諫早市に住民票があった方で、海外渡航予定がある方。

○申請方法
窓口または郵送にて申請してください。

○必要書類
・申請書
・海外渡航時に有効な旅券(パスポート)の写し
・本人確認書類(運転免許証など住所が記載されたもの)の写し
・接種した事実が確認できる書類(接種済証、接種記録書、予診票の写しなど)の写し

※接種した事実が確認できる書類を紛失した場合でも申請は可能です。
※郵送で申請される場合は、返信用切手(定形・普通郵便の場合84円切手)を貼った返信用封筒が必要です。
※代理人が申請する場合は、委任状と代理人の本人確認書類が必要です。

○発行について
証明書は接種記録の確認などに時間を要する場合があるため、後日発行いたします。

○申請先
(送付先)

〒854-8601 (住所不要) 諫早市ワクチン接種推進室
※ワクチン接種推進室のほか、各支所地域総務課でも提出していただけます。

窓口受付時間:平日の午前8時30分〜午後5時15分

○発行手数料
無料

○申請書
【様式】接種証明書申請書(PDF:56.6KB)
【様式】委任状(PDF:41.6KB)

 

▼基礎疾患の申請について

(1)基礎疾患を有する方の範囲
基礎疾患を有する方の新型コロナワクチン接種についてはこちら(PDF:452KB)
基礎疾患を有する方は、ご自身の申し出(市への申請)により接種券を発行いたします。
基礎疾患を有する方に当てはまることを証明するための、診断書等は必要ありません。

(2)申請方法
基礎疾患申請書に記入し、下記のいずれかの方法で申請してください。

【様式】基礎疾患申請書(PDF:854KB)

1.郵送申請
「基礎疾患申請書」に必要事項を記入し、下記送付先へ郵送してください。
(送付先)

〒854-8601 (住所不要) 諫早市ワクチン接種推進室

2.窓口申請
受付窓口に「基礎疾患申請書」を提出してください。
(受付窓口)

諫早市ワクチン接種推進室、健康福祉センター、各支所・出張所

▼接種券の発行・再発行について

(1)接種券の発行・再発行対象
・接種券を紛失、破損した場合
・接種券の発送後に住民票所在地が変更となった場合
・接種券が届かない場合
・住民票および戸籍に記載がない場合
・「予診のみ」の券を2回使った場合
・その他接種券の発行が必要であると市長が認める場合

(2)申請方法
接種券の発行・再発行を希望する方は、「接種券(再)発行申請書」の提出が必要です。下記のいずれかの方法で申請してください。「接種券(再)発行申請書」を受理した後、記載内容を確認したうえで接種券を送付します。

1.郵送申請
「接種券(再)発行申請書」に必要事項を記入し、「接種券(再)発行申請書」、可能であれば破損した接種券を添付のうえ、下記送付先へ郵送してください。
(送付先)

〒854-8601 (住所不要) 諫早市ワクチン接種推進室

2.窓口申請
受付窓口に「接種券(再)発行申請書」のほか、可能であれば破損した接種券を提出してください。
(受付窓口)

諫早市ワクチン接種推進室、健康福祉センター、各支所・出張所

3.電話申請
諫早市ワクチン接種コールセンター(0957-46-6500)へご連絡ください。

▼住所地外の接種(諫早市外在住の方が諫早市で接種をうける場合)

新型コロナワクチンの接種対象者は、原則住民票所在地の市町村において接種を行うこととしていますが、やむを得ない事情がある場合は、接種を希望する医療機関や接種会場がある自治体に事前に申請を行うことにより、接種を受けることができます。

(1)住所地外の接種対象者
・出産のために里帰りしている妊産婦
・単身赴任者
・遠隔地へ下宿している学生
・DV、ストーカーなど、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者など
※入院、入所している方、基礎疾患があり、主治医の下で接種する必要のある方、市外の医療機関からの往診により自宅で接種を受ける方、災害の被害にあった方、船員の方などは届出は不要です。

(2)申請方法
住民票所在地以外での接種を希望する方は、接種を行う医療機関・会場などが所在する自治体に「住所地外接種届」の届出が必要です。下記のいずれかの方法で申請してください。「住所地外接種届」を受理した後、記載内容を確認したうえで「住所地外接種届出済証」を交付します。

【様式】住所地外接種届(PDF:391KB)
【記入例】住所地外接種届(PDF:491KB)

1.郵送申請
「住所地外接種届」に必要事項を記入し、「接種券の写し(コピー)」を添付のうえ、下記送付先へ郵送してください。
(送付先)
〒854-8601 (住所不要) 諫早市ワクチン接種推進室

2.窓口申請
受付窓口に「住所地外接種届」のほか、「接種券」または「接種券の写し(コピー)」を提出してください。
(受付窓口)
諫早市ワクチン接種推進室、健康福祉センター、各支所・出張所

▲目次に戻る

9.ワクチンロスへの対応

ファイザー社製のワクチンは、その性質上、使い始めると6時間以内に使い切る必要があります。
このため、接種当日のキャンセル等が生じた場合、準備していたその分のワクチンは廃棄することとなり、これを一般的に「ワクチンロス」と呼びます。
諫早市では、ワクチンロスに対し、次のような取組を行っています。
集団接種会場では接種状況を十分に把握し、キャンセル等が出た場合には、接種従事者や高齢者の方と接する機会の多い保健師などを対象に接種することとしています。
今後とも、ワクチンロスを発生させない取組に努めます。

▲目次に戻る

10.詐欺にご注意ください

新型コロナワクチンをめぐり、「ワクチン接種に予約金が必要」などと言い、お金を振り込ませようとする詐欺が発生しています。このような電話には応じないようにご注意ください。ご心配な場合は警察、消費生活センターなどへご相談ください。
諫早市消費生活センター 新型コロナワクチン接種に便乗した詐欺等にご注意ください

▲目次に戻る

11.新型コロナウイルスに関する情報

新型コロナウイルスの情報は、下記の厚生労働省、首相官邸のホームページなどをご参照ください。
厚生労働省 新型コロナワクチン接種についてのお知らせ(外部サイトへリンク)
厚生労働省 新型コロナワクチンについてのQ&A(外部サイトへリンク)
首相官邸 新型コロナワクチンについて(外部サイトへリンク)

▲目次に戻る


より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...