色の変更 標準 黄色 黒
文字サイズ 標準 縮小 拡大
  • 更新日時:2020年8月28日

「特別定額給付金(一人10万円給付分)」【受付終了】

申請期限

令和2年8月11日(火曜日) ※郵送申請の場合、8月11日(火曜日)の消印まで有効とします。

お知らせ

給付状況(8月28日現在)
・対象世帯数    60,852件
・給付済み世帯数  60,654件

 

ご注意ください

不備書類で多いもの

振込口座の写しがない(水道料金や税の引き落としの口座である場合、チェック欄にマークすると写しは不要です。

本人確認書類の写しがない(運転免許証など)

③申請書の「給付金の受給を希望されない方」にマークすると、給付金は支給されません。受給を希望される方はチェックしないでください。

※書類に不備がございますと、郵送でのお知らせや再送などに時間を要し、定額給付金の入金が遅くなりますので、ご注意ください。

支給は、申請書を受け付けてから概ね三週間となります。支給日は毎週木曜日を予定しています。
※支給の前に、決定通知書(圧着ハガキ)を送付します。

特別定額給付金とは

「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」(令和2年4月20日閣議決定)において、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行う国の緊急対策であり、給付事業は市町村で行います。

給付対象者及び受給権者

(1)給付対象者

令和2年4月27日(以下、「基準日」)において、住民基本台帳に記録されている方(外国人を含む)
ただし、以下の場合で市長が認めるものを含む
・基準日以前に、住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)第8条の規定に基づき住民票を削除されていた方で、基準日において、日本国内で生活していたが、いずれの市区町村の住民基本台帳にも記録されておらず、かつ、基準日の翌日以後初めて住民基本台帳に記録されることとなったもの
・基準日以前に出生した戸籍を有しない方で、基準日において、日本国内で生活していたが、いずれの市区町村の住民基本台帳にも記録されておらず、かつ、住民基本台帳に記録されている者に準ずるもの

(2)申請・受給権者

世帯の世帯主
※単身世帯の方が申請前に亡くなられた場合は、その世帯に誰もいなくなるため、家計への支援というこの制度の趣旨により申請ができなくなります。

給付額

給付対象者1人につき10万円

申請方法

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、郵送又はオンラインでの申請に、ご理解とご協力をお願いします。

1.郵送申請方式

申請書は郵送にて順次、ご自宅に配達されます。
申請書が届きましたら、必要事項を記入のうえ、同封の返信用封筒でご返送ください。
(全世帯に送付いたしますので、配達に時間を要する場合があります。)
※オンライン申請(以下記載)を行った方は郵送申請は不要ですので返信する必要はありません。

【必要書類】
・申請書(世帯主あてに郵送いたします。)
・本人確認書類(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード等の写し)
・振込先口座確認書類(通帳、キャッシュカード等の写し)

2.オンライン申請方式(マイナンバーカード所持者が利用可能)

オンライン申請での受付も可能です。
※オンライン申請にはカードリーダーが必要です。マイナンバーカードに対応したスマートフォンでも申請可能です。

【対象者】

マイナンバーカードを所有する世帯主で、内閣府が提供する「マイナポータル」を利用できる方

【申請方法】

「マイナポータル」にアクセスし、必要事項(住所や対象者、振込先口座等)を入力した上で、振込先口座の確認書類をアップロードし電子申請(電子署名により本人確認を実施し、本人確認書類は不要)
※申請時には、マイナンバーカード受け取り時に設定したパスワードが必要です。

対応しているスマートフォンの機種については、下記FAQをご参照ください。
https://faq.myna.go.jp/faq/show/2587?category_id=3&site_domain=default

【「マイナポータル」について】

マイナポータル(外部リンク)

【マイナポータルに関するお問い合わせ】

マイナンバー総合フリーダイヤル:0120-95-0178

【オンライン申請よくあるQ&A】

Q. どこのサイトから申請すればよいか。

A. パソコン 検索エンジンで「マイナポータル ぴったりサービス」を検索し、スマートフォンアプリ「マイナポータルAP」をダウンロード
(マイナンバーカードに対応したスマートフォンのみ申請出来きます。)
※マイナポータルに対応機種一覧表有 iPhone7 以降

 

Q. 世帯の全員がマイナンバーカードを持っていないと申請出来ないのか。

A. 世帯主の方がマイナンバーカードを持っていれば、世帯全員分の申請が可能。

 

Q.子(世帯主ではない)がマイナンバーカードを持っている。子のカードで、世帯全員分の申請出来るか。

A.受給権者は世帯主。世帯主のマイナンバーカードでのみ可。

 

Q.振込先口座は、インターネットバンキングの口座でもよいか。

A.可。画像(口座番号、カナ氏名等が分かるもの)をアップロード。

配偶者やその他親族からの暴力等を理由に避難している方へ

配偶者やその他親族からの暴力等を理由に避難している方で、事情により令和2年4月27日以前に、お住いの市区町村に住民票を移すことができない方は、手続きをしていただくと、以下の措置が受けられます。

  • 世帯主でなくとも、同伴者の分を含めて、特別定額給付金の申請を行い、給付金を受け取ることができます。手続きを行った方とその同伴者分の特別定額給付金は、世帯主からの申請があっても支給しません。
対象となる配偶者やその他親族からの暴力を理由に避難している方の要件
  • 配偶者暴力防止法に基づく保護命令が出されていること
  • 婦人相談所による「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」又は、市区町村、民間支援団体等による「確認書」が発行されていること
  • 令和2年4月28日以降に住民票が今お住まいの市区町村に移され、住民基本台帳の閲覧制限等の「支援措置」の対象となっていること
手続方法

今お住いの市区町村の特別定額給付金担当窓口へ「申出書」を提出してください。
※「申出書」は、配偶者やその他親族からの暴力を理由に避難していることを申し出るものです。
※「申出書」は、市区町村窓口のほか、婦人相談所や総務省ホームページなどで入手できます。
【申出書様式】(PDF:131KB)
※「申出書」には、配偶者やその他親族からの暴力等を理由に避難していることが確認できる書類として、婦人相談所等が発行する「証明書」又は市区町村、福祉事務所、民間支援団体等が発行する「確認書」、保護命令決定書の謄本又は正本のいずれかの添付が必要です。
※同伴者がいる場合は、同伴者についても記載されていることなどが必要です。
※ご自身で申出・申請することが困難な場合は、代理申出・申請が可能です。

ますは、速やかに、各市区町村の窓口にご相談ください。

その他

参考
総務省ホームページ(外部リンク)

お問い合わせ
緊急経済対策室(商工振興部)
〒854-8601 長崎県諫早市東小路町7-1(本庁 ・別館1階)
電話番号:0957-22-3520

より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...
〒854-8601 長崎県諫早市東小路町7ー1
電話番号:0957-22-1500
/ファクス:0957-27-0111