色の変更 標準 黄色 黒
文字サイズ 標準 縮小 拡大
  • 更新日時:2022年2月25日

教専寺の木造阿弥陀如来立像

 

 

 

 

 

 

 

よみがな
きょうせんじのもくぞうあみだにょらいりゅうぞう

指定区分
市指定有形文化財

指定年月日
令和4年2月21日

平安時代後期の特徴を有する木造の阿弥陀如来立像である。教専寺に本尊として伝わり、表面の金泥及び金箔は後補であるが、平安時代後期という時期と中央の作品に共通する特徴をもつ優れた仏像彫刻である。また、キリシタンによる破壊の歴史をもつ島原半島から県央地域において、良好に保存された平安時代の仏像彫刻として、歴史上及び美術工芸史上、貴重な作品である。(平安時代)

お問い合わせ
経済交流部 文化振興課
〒854-8601 長崎県諫早市東小路町7-1(本庁・本館6階)
電話番号:0957-22-1500
ファクス:0957-27-0111

より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...
〒854-8601 長崎県諫早市東小路町7ー1
電話番号:0957-22-1500
/ファクス:0957-27-0111