色の変更 標準 黄色 黒
文字サイズ 標準 縮小 拡大
  • 更新日時:2021年3月5日

天祐寺の木造四面菩薩坐像

 

 

 

 

 

 

 

よみがな
てんゆうじのもくぞうしめんぼさつざぞう

指定区分
県指定有形文化財

指定年月日
令和3年2月18日

四面宮旧蔵と伝えられる神像で寄木造りである。内面の墨書から製作年代や作者のわかる基準資料として、諫早のみならず日本の彫刻史上でも貴重な神像彫刻である。江戸時代から伝わる四面宮信仰を具体的に伝える唯一の彫刻で、諫早の歴史上において貴重である。(江戸時代 1705年)

お問い合わせ
政策振興部 文化振興課
〒854-8601 長崎県諫早市東小路町7-1(本庁・本館6階)
電話番号:0957-22-1500
ファクス:0957-27-0111

より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...
〒854-8601 長崎県諫早市東小路町7ー1
電話番号:0957-22-1500
/ファクス:0957-27-0111