佐賀藩はもともと龍造寺氏の領国でしたが、慶長12(1607)年に鍋島勝茂を初代とする佐賀藩が成立します。諫早家は「御親類同格」の立場にあり、以後明治時代までの約260年間「佐賀藩諫早領」として藩政の一翼を担いました。当時の諫早領域は、多良見町の一部が大村藩に含まれていたことを除けば、ほぼ現在の諫早市と同範囲です。
本藩である佐賀藩は財政再建のため、慶長15(1610)年と元和7(1621)年の二度にわたり三部上地を実施し、当初の2万2千石は一万石余りにまで減少しました。また、佐賀代官所を置くなど政治的・経済的に諫早領に対する支配体制を強化していきます。本明川ではたびたび洪水が発生し、特に元禄12(1699)年の水害では多くの生命が奪われ、翌年は一転して大干ばつに見舞われました。これらの災害の犠牲者を追悼するため、7代領主茂晴公により富川に五百羅漢が刻まれました。このような状況下にあっても、諫早の人々の英知・高い技術力はいたるところで発揮されました。干拓による新田開発が盛んに行われ、山崎教清(川内町)・松本四郎左衛門(飯盛町)・陣野甚右衛門(森山町)などが多大な功績を残し、今日の農業の大きな礎となりました。また、天保10(1839)年に架橋された眼鏡橋は、永久に流れることのない橋を、との領民の悲願とアーチ式の石橋という高度な技術力とが結実して完成にいたりました。
江戸時代初期に確立した長崎街道は、長崎と小倉を結ぶ街道で長崎~多良見~諫早(永昌宿)~大村へとつながります。また、諫早を分岐点として高来(湯江宿)~小長井方面へは多良街道・竹崎海道が、森山方面へは島原街道がありました。諫早はこれらの陸路や海上航路が集中・通過する交通の要衝としての地理的条件を活かし、栄えてきました。

諫早領内大地図(諫早北).

諫早領内大地図(諫早北).

領内部分図(諫早飯盛)

領内部分図(諫早飯盛)

領内部分図(森山)

領内部分図(森山)

領内南海岸図(小長井・高来)

領内南海岸図(小長井・高来)

領内南海岸図(太良町内)

領内南海岸図(太良町内)

お問い合わせ
政策振興部 文化振興課
〒854-8601 長崎県諫早市東小路町7-1(本庁・本館6階)
電話番号:0957-22-1500
ファクス:0957-27-0111

より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...