第33回「伊東静雄賞」作品募集

諫早市出身 浪漫派詩人「伊東静雄」の文学を全国に発信し、顕彰するため、その名を冠した『伊東静雄賞』の作品(現代詩)を募集します。あなたの心に残るエピソードや思いを、詩にのせてみませんか。
伊東静雄の写真

 

 

 

 

 

 

 

応募要領
・1人1篇(未発表のものに限る)
・題名を含めA4判400字詰め原稿用紙2枚以内
パソコン使用の場合はA4判20字×20行の縦書き、2枚以内
・欄外か余白に郵便番号、住所、氏名(ふりがな)※筆名の場合は本名も記載、
年齢、性別、職業、電話番号を明記してください
・応募料は無料(作品は返却しません)


伊東静雄賞 1篇 正賞 賞状 副賞50万円
※該当作品がない場合は、奨励賞2篇 各25万円

応募締切
令和4年8月31日(水曜日)当日消印有効

応募・問い合わせ先
諫早市芸術文化連盟 伊東静雄賞係
〒854-0014 諫早市東小路町10-25
電話番号:0957-22-1103

賞の選考および発表
令和4年11月中旬選考予定。
発表は市HP、広報いさはやに掲載し、入選者には直接通知します。
また、市芸術文化連盟誌「諫早文化」第18号(令和5年4月発行)にて、受賞作品及び選評、佳作者氏名を掲載します。

贈呈式
令和5年3月26日(日曜日)
第59回「菜の花忌」終了後に諫早市内で行われます。

<伊東静雄 プロフィール>
明治39年(1906年)-昭和28年(1953年)享年46歳
長崎県諫早町(現在の諫早市)生まれ
高雅・清純な叙情詩を多く残した浪漫派詩人。
代表作は詩集『わがひとに与ふる哀歌』『春のいそぎ』『反響』など。
昭和4年京都帝国大学文学部を卒業後、旧制中学校の教壇に立ち、
平成20年にノーベル化学賞を受賞した下村脩博士も教え子の一人です。

お問い合わせ先

諫早市芸術文化連盟ホームページ(外部サイトへリンク)
電話番号:0957‐22‐1103


より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...