色の変更 標準 黄色 黒
文字サイズ 標準 縮小 拡大
  • 更新日時:2021年2月12日

ミモザ忌

<ミモザ忌>
野口氏の命日の時期、鎌倉の自宅の庭には画伯が好きなミモザが咲いていたことから、毎年春分の日に『ミモザ忌』が行われています。

野口彌太郎作品解説

野口彌太郎作品解説(平成31年3月)

<第44回ミモザ忌について>
諫早市ゆかりの洋画家「野口彌太郎」を偲び、毎年一堂に会して開催されていますが
第44回ミモザ忌は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、「野口彌太郎作品展」を主体に実施します。

【開催】「野口彌太郎作品展」は開催されます。
日時:令和3年3月20日(土曜日・春分の日)~4月4日(日曜日)10時~19時
場所:諫早市美術・歴史館

<野口彌太郎氏プロフィール>
1899年(明治32年)生まれ
少年時代の一時期を北高来郡小野村(現諫早市小野町)で過ごす。
自由闊達な筆触で天性のリベラリスト画家として、 千点を超える作品を残し、今もなお多くの人々に愛されています。 諫早を描いた名作「諫早の眼鏡橋」は昭和32年の大水害の翌年に諫早公園に移設される直前の眼鏡橋を描いています。
1976年(昭和51年)3月23日逝去(享年76歳)

「那智の滝」 諫早市美術・歴史館蔵

「那智の滝」
諫早市美術・歴史館蔵

 

「ヴェニス」諫早市美術・歴史館蔵

「ヴェニス」諫早市美術・歴史館蔵

 

お問い合わせ先

諫早市芸術文化連盟(外部サイトへリンク)
電話番号:0957‐22‐1103


より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...
〒854-8601 長崎県諫早市東小路町7ー1
電話番号:0957-22-1500
/ファクス:0957-27-0111