江の浦・熊野神社の天井絵と絵馬の写真

よみがな
えのうら・くまのじんじゃのてんじょうえとえま

指定区分
市指定有形文化財

指定年月日
昭和63年12月20日

所在地
諫早市飯盛町佐田881

交通
県営バス「飯盛団地入口」
※常時開放しておりません。
見学希望は事前に教育委員会へ連絡してください。

天井絵は179格の中に花卉、動物、人物、山水が細やかな筆致とやわらかい色遣いで見事に描かれています。
絵馬は『秀吉耐忍之図』と『西郷卜月照之図』の2枚です。
『秀吉耐忍之図』は、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)が大志を秘めて我慢している時の図とされ、肩をもんで耐えている様子を描いています。
『西郷卜月照之図』は、京都を中心に各地で反幕運動が激化した安政5(1858)年、大老井伊直弼による志士弾圧から逃れるため、西郷隆盛と月照は京都を脱出し、薩摩を目指し大阪より船出、その船上での二人の様子を描いています。薩摩藩主島津斉彬を頼り薩摩を目指すが斉彬はすでに亡くなり、幕府の追及は厳しくなる一方、ついに二人は綿江湾(鹿児島湾)に入水することになります。隆盛は命をとどめましたが、月照は命を落としました。
この絵馬2枚は「明治三十九年丙午十二月四日」とあり、熊野神社改築時に奉納されたものと思われます。

お問い合わせ
政策振興部 文化振興課
〒854-8601 長崎県諫早市東小路町7-1(本庁・本館6階)
電話番号:0957-22-1500
ファクス:0957-27-0111

より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...