手を広げ、お祈りをしている金泉寺の千手観音像の写真

よみがな
きんせんじのせんじゅかんのんぞう

指定区分
市指定有形文化財

指定年月日
昭和62年3月2日

所在地
諫早市高来町善住寺(標高約889m)

交通
多良岳横断林道沿い金泉寺登山口から登山
最寄のバス停は、諫早方面から県営「国立少年自然の家」

大陸系の千手観音像で、高さ137.5㎝の木造寄木造です。第7代茂晴公の母堂お糸の方が、元禄16(1703)年千手観音を太良岳金泉寺に奉安されました。
お糸の方は大そう信心深い方で、持念仏を求め長崎に入港していた中国船にこれを頼みました。翌年再びその中国船が入港し、500年も経つという古仏を持ってきました。
不思議なことに、お糸の方の背丈と同じで、崇高な御姿であったため、自分の家に置くのはもったいないと金泉寺に奉納され、この寺を菩提寺として崇められました。
中国明朝末~清朝初期の様式をもち、通常の日本の千手観音と違い、頭上に十一面を備えていません。表情は大陸的な雰囲気を見せています。

お祈りをしながら手を広げている金泉寺の千手観音像の写真

お問い合わせ
政策振興部 文化振興課
〒854-8601 長崎県諫早市東小路町7-1(本庁・本館6階)
電話番号:0957-22-1500
ファクス:0957-27-0111