肥料価格高騰対策事業について

 肥料価格の高騰による農家経営への影響を緩和するため、化学肥料の低減に向けて取り組む農業者に対して、肥料コスト上昇分の一部を支援します。

※諫早市においても、当事業への上乗せ支援を行いますので、詳細については下記を御確認ください。
詳細はこちら→令和4年度諫早市肥料価格高騰対策緊急支援事業

対象者

以下のいずれかに該当する農業者が対象となります。
詳細については、農林水産省ホームページに記載のQ&Aをご参照ください。

〇農産物を販売し、農業経営を行う農業者
〇農業経営基盤強化促進法に基づく認定新規就農者

対象肥料

以下の期間に注文した肥料であって、本年の秋肥と来年の春肥として使用する肥料が対象です。
※「肥料の品質の確保等に関する法律」に基づき登録または届出されたものに限る。

○秋肥:令和4年6月1日から10月31日までに注文したもの
○春肥:令和4年11月1日から令和5年5月31日までに注文したもの

支援金の算定方法

支援金額 ={当年の肥料費―(当年の肥料費÷価格上昇率÷使用量低減率)}×0.7

※価格上昇率は、農産局長が設定(秋肥は1.4)
※使用低減率は、肥料使用量低減に取り組むため、0.9で設定

申請方法

支援を希望する方は、以下の順で申請ください。
1.肥料を購入した農協・肥料販売店等に相談し、そこで取りまとめる農業者グループ(取組実施者)に参画
2.自身の営農品目と面積を確認し、肥料使用量の低減に向けた取組を15項目から2つ選択
3.提出必要書類を記入・整理し、農業者グループ(取組実施者)に提出
4.農業者グループ(取組実施者)で取りまとめ、市農業再生協議会へ申請

申請期日(取組実施者→市農業再生協議会)

〇秋肥第1回(年内支払分)    令和4年11月4日(金曜日)
〇秋肥第2回(1月以降支払分)   令和4年12月12日(月曜日)
〇秋肥最終             令和5年1月31日(火曜日)
〇春肥              調整中

※農業者から取組実施者への〆切は前倒しになると思われます。

申請必要書類等

〇参加農業者→農業者グループ(取組実施者)
・化学肥料低減計画書(参考様式第2号)
・チェックリスト(県別紙様式1)
・支援金の算出根拠となる証拠書類(注文票及び請求書又は領収書)
・参加農業者の販売実績を示す書類(販売伝票の写し)

〇農業者グループ(取組実施者)→市農業再生協議会
・肥料価格高騰対策承認申請書及び取組計画書(様式第1号・1号別添)
・参加農業者名簿(参考様式第1-2号)
・振込口座情報及び通帳の写し(様式第3号)
・肥料登録・届出があることを示すことができる書類(県別紙様式2_肥料法適合確認様式)
・参加農業者から提出があった書類

※様式については、農林水産省HP「肥料価格高騰対策事業(外部サイトへリンク)
県HP「肥料価格高騰対策事業の申請について(外部サイトへリンク)」を参照ください。

提出先

〒854ー8601
諫早市東小路町7番1号
諫早市農業再生協議会
(事務局:諫早市農林水産部農業振興課内)

その他

・肥料使用量の低減に向けた取組については、取り組んだことがわかる書類等が必要です。
(必要書類(案)については、県HPに記載があります。)
・申請後は、「取組実績報告書」、「中間報告書」、「取組実施状況報告書及び参加農業者の低減実施報告書」の提出が必要となりますので、農業者グループ(取組実施者)で取りまとめて提出をお願いします。
・提出した申請書類や実績報告書等の関係書類一式については、提出を求める場合がありますので、事業年度終了後、5年間の保存をお願いします。

お問い合わせ
農林水産部 農業振興課
〒854-8601 長崎県諫早市東小路町7-1(本庁・別館3階)
電話番号:0957-22-1500
ファクス:0957-22-2602

より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...