色の変更 標準 黄色 黒
文字サイズ 標準 縮小 拡大
  • 更新日時:2021年6月2日

経営所得安定対策

 

目的

販売価格が生産費を恒常的に下回っている作物を対象として、その差額を交付することにより、農業経営の安定と国内生産力の確保を図るとともに、麦・大豆等への作付転換を促します。

対象作物
  • 米、麦、大豆、てん菜、でん粉原料用ばれいしょ、そば、なたね
  • 水田については、水田活用の直接支払交付金として、上記の作物に加えて、飼料作物、飼料用米、米粉用米、WCS用稲、加工用米、地域振興作物も対象
交付対象者

販売目的で生産(耕作)する販売農家・集落営農

畑作物の直接支払交付金

数量払

対象作物 平均交付単価
小麦(水田・畑地) 6,940円/60㎏
二条大麦(水田・畑地) 5,490円/50㎏
六条大麦(水田・畑地) 5,720円/50kg
はだか麦(水田・畑地) 8,230円/60㎏
大豆(水田・畑地) 9,040円/60㎏
てん菜 7,390円/トン
でん粉原料用ばれいしょ 11,610円/トン
そば(水田・畑地) 16,840円/45㎏
なたね(水田・畑地) 9,920円/60㎏

営農継続払
当年産の生産面積に基づき交付:2万円/10a(そばについては1.3万円/10a)

※27年産からは認定農業者、集落営農、認定新規就農者が対象。(いずれも規模要件は課さない)

水田活用の直接支払交付金

戦略作物助成

対象作物 交付単価
麦、大豆、飼料作物 3.5万円/10a
WCS用稲 8.0万円/10a
加工用米 2.0万円/10a
飼料用米、米粉用米 収量に応じ、5.5万円~10.5万円/10a

産地交付金
地域で作成する「水田収益力強化ビジョン(R3.6)」に基づく、麦・大豆等の生産性向上の取組、地域振興作物や備蓄米の生産の取組等を支援

その他の助成

米・畑作物の収入減少影響緩和対策(ナラシ対策)
当年産の販売収入の合計が、標準的収入を下回った場合に、その差額の9割を、国からの交付金と農業者が積み立てた積立金で補てん

パンフレットはコチラから

お問い合わせ
農林水産部 農業振興課
〒854-8601 長崎県諫早市東小路町7-1(本庁・別館3階)
電話番号:0957-22-1500
ファクス:0957-22-2602

より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...
〒854-8601 長崎県諫早市東小路町7ー1
電話番号:0957-22-1500
/ファクス:0957-27-0111