高病原性鳥インフルエンザにご注意ください

渡り鳥が飛来する季節になり、全国的に鳥インフルエンザの注意喚起が行われています。
野鳥が死んでいても直ちに病気を疑う必要はありませんが、次のことに注意してください。

死亡した野鳥を見つけた場合

■衰弱した鳥と接触しないようにしてください。
■死亡した野鳥など、野生動物には素手で触らないでください。また、同じ場所でたくさんの野鳥などが死んでいたときは、市環境政策課または各支所地域総務課までご連絡ください。
■野鳥のフンが靴の裏や車両に付くことで、鳥インフルエンザウイルスが他の地域へ運ばれる恐れがありますので、野鳥に近づきすぎないようにしてください。特に、靴でフンを踏まないよう十分注意して、必要に応じて消毒を行ってください。
■日常生活において、野鳥など野生動物やフンに触れた後は、手洗いとうがいをすれば過度に心配する必要はありません。
■不必要に野鳥を追い立てたり、捕まえたりするのは避けてください。

鳥インフルエンザウイルスは、野鳥観察など通常の接し方では、ヒトに感染しないと言われています。
正しい情報に基づいた冷静な行動をお願いします。

関連情報
お問い合わせ
地域政策部 環境政策課
〒854-8601 長崎県諫早市東小路町7-1(本庁・ 本館5階)
電話番号:0957-22-1500
ファクス:0957-22-2579

より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...