野焼きは原則禁止されています

野焼きは、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」で一部の例外を除いて禁止されています。
違反すると5年以下の懲役もしくは1000万円(法人の場合は3億円)以下の罰金またはその両方に処せられることになります。

例外として認められているもの

以下の事項については、例外的に野焼き行為が認められています。

例外で認められている行為 具体例
1 農業、林業又は漁業を営むため、やむを得ないものとして行われるもの あぜ草の焼却、田畑の害虫防止
2 風俗習慣上、又は宗教上の行事を行うもの 鬼火焚き、しめ縄の焼却
3 災害の予防、応急対策又は復旧のために必要なもの 火災予防訓練
4 国等公共団体が、その施設の管理を行うために必要なもの 河川敷の草の焼却
5 たき火その他日常生活の焼却であって軽微なもの 落ち葉焚き・キャンプファイヤー

※これらの例外行為であっても、野焼き行為を推奨しているということではありません。
例外的に野焼きを行う場合であっても、煙や臭いで不快な思い、辛い思いをされている人がいます。
法律で禁止されていない焼却であっても、以下のことに注意して行うように努めてください。
・風向きや時間帯を考えて行う
・少量ずつ数回に分けて行う
・草木などはよく乾かして煙の発生量を抑える

お問い合わせ
市民生活環境部 環境政策課
〒854-8601 長崎県諫早市東小路町7-1(本庁・ 本館5階)
電話番号:0957-22-1500
ファクス:0957-22-2579

より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...