要件1または要件2を満たす方は、保険料の減免申請ができます

●要件1 新型コロナウイルス感染症により主たる生計維持者が死亡し、または重篤な傷病を負った世帯の人

○減免額・・・全額
○申請に必要なもの
・減免申請書
・死亡診断書、医師の診断書等
・申請者の本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード等)

●要件2 新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の収入減少が見込まれる世帯で、以下の①、②、③のすべてに該当する人

世帯の主たる生計維持者について、
事業収入や給与収入など、収入ごとに見た令和3年の収入のいずれかが、令和2年に比べて10分の3以上減少する見込みである
令和2年の所得の合計額が1,000万円以下である
収入減少が見込まれる種類の所得以外の令和2年の所得の合計額が400万円以下である

○減免額・・・「減免対象の保険料額」(A×B÷C)に「世帯主の所得金額に応じた減免割合」(D)をかけた金額

「減免対象の保険料額」(A×B÷C) 「世帯主の所得金額に応じた減免割合」(D)
A:世帯の被保険者全員について算定した保険料額
B:世帯の主たる生計維持者の減少が見込まれる収入にかかる前年の所得額
C:世帯の主たる生計維持者及び世帯の被保険者全員の前年の合計所得金額
300万円以下の場合:全部
400万円以下の場合:10分の8
550万円以下の場合:10分の6
750万円以下の場合:10分の4
1,000万円以下の場合:10分の2

○申請に必要なもの
・減免申請書
・事業収入等の申告書
・世帯主の令和2年分の収入状況が確認できる書類(例:確定申告書の控え又は市県民税申告の写し、源泉徴収票等)
・世帯主の令和3年分の収入状況が確認できる書類(例:帳簿の写し、給与明細の写し等)
・申請者の本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード等)

減免対象の保険料

令和2年度分及び令和3年度分の保険料であって、令和3年4月1日から令和4年3月31日までの間に普通徴収の納期限(特別徴収の場合にあっては特別徴収対象年金給付の支払日)が設定されているものとします。
※令和2年度分が対象となるのは、令和3年4月1日から令和4年3月31日に納期限が設定されている普通徴収(口座振替または納付書払い)の保険料に限ります。

 申請期限

申請期限は令和4年3月31日(木曜日)です。

申請様式

・減免申請について
・減免申請書
・減免申請書(記入例)
・収入申告書
・収入申告書(記入例)
・生計維持者申出書
・減免申請に関するQ&A

問い合わせ先

保険年金課または各支所地域総務課
本庁保険年金課(電話番号:0957-22-1500)
多良見支所(電話番号:0957-43-1111)
森山支所(電話番号:0957-36-1111)
飯盛支所(電話番号:0957-48-1111)
高来支所(電話番号:0957-32-2111)
小長井支所(電話番号:0957-34-2111)


より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...