昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性は、風しんの抗体検査・予防接種が無料で受けることができます。

風しんの感染拡大防止を図るため、令和4年3月31日までの3年間の期間限定事業として、予防接種法が改正され、風しんの第5期の予防接種が定期接種に追加されました。
風しんの第5期の予防接種対象者は、風しんの定期予防接種を受ける機会がなかった世代の方で、特に抗体保有率 が低い昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性です。
ワクチンの効率的な活用のため、まずは風しんの抗体検査を受け、抗体価が低い方が予防接種の対象となります。対象の方は、まず、風しんの抗体検査を受けましょう。

○対象者
令和元年度のクーポン券の対象者は、昭和47年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性です。
※昭和37年4月2日から昭和47年4月1日までに生まれた男性で、令和元年度に抗体検査・予防接種を希望する方へは個別にクーポン券を発行しますので、健康福祉センターまでお問い合わせください。

○実施期間
令和4年3月31日まで(クーポン券には有効期限がありますのでご注意ください。)

○費用について
抗体検査、予防接種ともに無料です。

○抗体検査・予防接種を受けるまでの流れ
1.クーポン券を受け取る。
諫早市では、令和元年8月8日にクーポン券を発送しました。

2.抗体検査を受ける。
・職場での健康診査の機会に抗体検査が受けられます。( 職場の健康診査担当の方にお問い合わせください。)
・医療機関で抗体検査が受けられます。( 全国の参加医療機関で受けられます。事前に予約が必要です。)
・特定健診の機会に抗体検査が受けられます。(国民健康保険の方)
※持っていくもの:クーポン券、本人と確認できるもの(運転免許証など)

3.抗体検査の結果を確認する。
・抗体検査の結果は、検査を受けた医療機関等から、郵送または直接、通知されます。

4.抗体検査の判定結果が「風しんの第5期の接種対象」の方は、予防接種を受ける。
・判定結果が「風しんの第5期の接種対象」となった方は、風しんの抗体がありません。 風しんへの抵抗力がなく、感染のリスクがありますので早急に予防接種を受けましょう。 予防接種は全国の参加医療機関で受けられます。
※持っていくもの:クーポン券、抗体検査結果通知(風しんの抗体検査受診票の本人控え)、 本人と確認できるもの(運転免許証など)
※判定結果が「風しんの第5期の接種非対象」となった方は、風しんへの抵抗力がありますので 予防接種を受ける必要はありません。

○参加医療機関
全国の参加医療機関は、厚生労働省ホームページ「風しんの追加的対策について」で確認できます。 (参加医療機関は、順次追加されます。)

○注意事項
・抗体検査及び予防接種を受ける時点で別の市区町村へ転出した場合は、諫早市のクーポン券は使用できません。 転入先の市区町村へお問い合わせください。
・クーポン券を紛失した場合は再発行しますので、健康福祉センターへご連絡ください。
・クーポン券には有効期限がありますのでご注意ください。(有効期限は、クーポン券に記載しています。)

○風しんとは
風しんとは、発熱、発疹、リンパ節腫腸を特徴とするウイルス発疹症です。症状は、症状が現れない不顕性感染 から、重篤な合併症発生まで幅広く、臨床症状のみで風しんと診断することは困難な疾患です。風しんに対する免 疫が不十分な妊娠第20週頃までの妊婦が風しん性ウイルスに感染すると、先天性風しん症候群の子どもが生まれて くる可能性が高くなります。

お問い合わせ
健康福祉部 健康福祉センター
〒854-0061 長崎県諫早市宇都町29-1(健康福祉センター)
電話番号:0957-27-0700
ファクス:0957-27-0717