現在、例年と比較し、関東地方での風しんの届出数が大幅に増加しています。この時期は、多くの人の往来が見込まれることから、今後、全国的に感染が拡大する可能性があります。

・妊婦への感染を防止するために、妊婦の夫、子ども及びその他の同居家族や10代後半から40代の女性(特に妊娠希望者又は妊娠する可能性の高い方)のうち、明らかに風しんにかかったことがある、風しんの予防接種を受けたことがある又は風しんに対する抗体が陽性であると確認できている方を除いて風しんの予防接種(任意)を受けることをご検討ください(1歳児及び小学校入学前の1年間の子どもは無料で接種できます)。                                         ・30代から50代の男性のうち、明らかに風しんにかかったことがある、風しんの予防接種を受けたことがある又は風しんに対する抗体が陽性であると確認できている方を除いて風しんの予防接種(任意)を受けることをご検討ください。                                              ・長崎県県央保健所では、無料で風しんの抗体検査(血液)を実施しています。「風しんにかかった記憶がない」「風しんの予防接種を受けたかわからない」など、風しんの抗体を獲得しているかわからない方は、是非、御活用ください。詳しくは、長崎県県央保健所のホームページ(外部サイトリンク)をご覧ください。

 

厚生労働省ホームページ
国立感染症研究所ホームページ
お問い合わせ
健康福祉部 健康福祉センター
〒854-0061 長崎県諫早市宇都町29-1(健康福祉センター)
電話番号:0957-27-0700
ファクス:0957-27-0717

より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...