9月23日は「手話言語の国際デー」

国連総会において、2017年12月19日に決議されました。
決議文では、手話言語が音声言語と対等であることを認め、ろう者の人権が完全に保障されるよう国連加盟国が社会全体で手話言語についての意識を高める手段を講じることを促進することとされています。

世界ろう連盟は、 2022年の「手話言語国際デー」に合わせて、「手話言語にブルーライトを当てよう!」イベントを立ち上げました。
全日本ろうあ連盟も「世界そして日本を青色に!~いのちの輝き手話言語に光を~」チャレンジプロジェクトを行います。

諫早市は、この趣旨に賛同し、「手話が言語であること」を市民の皆さんに広め、手話に親しんでもらうため、市民センターをブルーライト(青い光)で照らすとともに、手話言語を啓発するための特設ブースを設置します。

実施イベント

①ブルーライトアップ
期間:令和4年9月22日(木曜日)、23日(金曜日)、25日(日曜日) 日没後~22時00分
場所:諫早市民センター 壁面

②手話啓発のための展示
期間:令和4年9月22日(木曜日)から30日(金曜日)
場所:諫早市民センター1階 展示ホール

 

お問い合わせ
こども福祉部 障害福祉課
〒854-8601 長崎県諫早市東小路町7-1(本庁 ・本館1階)
電話番号:0957-22-1500
ファクス:0957-24-0901

より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...