本明川ボート練習場

本明川ボート練習場

国営諫早湾干拓事業により創出された本明川下流域は、直線で約5,000mを超える長さがあり、年間を通して風や波の影響を受けにくいといった自然環境は、ボート競技の練習場として国内でも屈指のポテンシャルを有すると高い評価を受けています。

日本代表候補チームをはじめ、国内の実業団チームや大学チーム等が合宿に訪れるなどボート関係者を中心に認知度が高まっており、諫早市では、今後も関係団体と連携してボート競技の振興に努めるとともに、将来的には国際大会が開催可能な公認コースの認定を目指して取り組んでいきます。

<特徴・魅力>

①直線5,000m
・5,000mの直線距離を確保できる
・障害物がなく、練習に最適な環境
・並行した遊歩道あり(約2,000m)

②十分な川幅
・8コース相当の川幅
・他の水面利用者が少ない
・合同合宿でも余裕を持った練習が可能

③穏やかな淡水水域
・自然護岸の淡水水域
・波や風の影響を受けにくい
・冬季も水面が安定しており、年間を通して好条件で練習可能

 

合宿支援制度

「諫早市コンベンション開催助成金」

アクセス

・本明川下流域(諫早市川内町)

お問い合わせ
政策振興部 企画政策課
〒854-8601 長崎県諫早市東小路町7-1(本庁 ・本館6階)
電話番号:0957-22-1500
ファクス:0957-27-0111

より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...