オープンデータとは

国や地方公共団体が保有するデータのうち、誰もが規約の範囲内で容易に利用(加工、編集、再配布など)できるよう、次のいずれの項目にも該当する形で公開されたデータのことです。

  1. 営利目的、非営利目的を問わず二次利用可能なルールが適用されたもの
  2. 機械判読に適したもの
  3. 無償で利用できるもの
オープンデータの意義

国は、オープンデータの意義を次のとおり定義しています。

  1. 経済の活性化、新事業の創出
  2. 官民協働の促進
  3. 行政の透明性・信頼性の向上

自治体では、それらに加え、地域の課題を解決するとしています。
利用者の利便性向上や、地域横断的なデータ利活用の促進のため、複数の地方自治体が連携して取り組むことが重要です。

諫早市の取り組み

令和3年度から、長崎県が中心となり県・全市町一体となったデータ連携基盤を構築を行い、データ活用の利便性を確保し、多種多様なサービスの創出、地域課題の解決を図ることとしています。

  1. 長崎県・県内全市町で「オープンデータサイト」を公開
  2. データ連携基盤の構築(令和3年度構築予定)
  3. 共通フォーマット(同じ様式)によるデータの公開
    諫早市では「指定避難所・指定緊急避難場所一覧」、「観光施設一覧」のデータを公開しました。

諫早市では県内市町と協議を行いながら、共通フォーマットによるオープンデータの拡大に取り組み、オープンデータの利活用促進を図ります。

参考URL
お問い合わせ
総務部 情報システム課
〒854-8601 長崎県諫早市東小路町7-1(本庁・本館 8階)
電話番号:0957-22-1500
ファクス:0957-22-9125

より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...