轟峡・山開き

4月25日(撮影:市民記者 沖田)

安全祈願を行う住職

バチを手に金龍太鼓を打ち鳴らす園児たち

轟峡楊柳の滝前にて「多良岳、轟峡山開き安全祈願祭」が行われ、市長はじめ120人の参加者が訪れました。
凛とした冷涼な渓谷に、園児たちが演じる勇壮な太鼓の音が響き渡り、新元号「令和」を歓迎するかのようでした。

第6回諫早グルメフェスティバル

4月21日

賑わいをみせる各店舗のブース

ステージイベントを観覧する来場者たち

各店舗のブースにできた長蛇の列

中央交流広場において第6回諫早グルメフェスティバルが開催されました。
出店した38店舗すべてが、「諫早産、諫早調理、諫早消費」にこだわり、各店自慢の一品を披露してくれました。すべてのグルメが500円以下ということもあり、会場には今年も約2万人の人が訪れました。
グルメだけではなく、ダンスなどのステージイベントや、雑貨やエステなどのマルシェ、ドローンやテニスなどの体験コーナーもあり、来場者のお腹とハートを満足させる一日になりました。

潮干狩り

4月21日

掘った貝を見つめるこどもたち

青空の下、訪れた人たちでにぎわう金崎海岸

バケツいっぱいにアサリを入れた家族連れ

高来町金崎海岸で潮干狩りが解禁となり、たくさんの家族連れが泥んこになりながら潮干狩りを楽しみました。
慣れた手つきでどんどん掘る人や、干潟の足元に悪戦苦闘する人、泥んこ遊びにはまる子どもなど、いろんな形で潮干狩りを楽しむ様子が見られました。

第5回多良岳ツクシシャクナゲ祭り

4月20日

式典を観覧する来場者たち

淡いピンク色の花を咲かせたツクシシャクナゲ

ピンク色の花を咲かせるツクシシャクナゲ

高来町のしゃくなげ高原で「第5回多良岳ツクシシャクナゲ祭り」のオープニングセレモニーが行われました。
約100人がセレモニーに出席し、少しずつ咲き始めた花を眺めながら標高700メートルの高原を歩きました。ツクシシャクナゲ祭りは、5月5日まで。去年より開花が少し遅く、ゴールデンウィーク期間中には淡いピンク色の花を楽しめそうです。

2019諫早つつじ祭り

4月13日

諫早公園を彩る色とりどりのつつじ

眼鏡橋下の散歩道を歩く来場者

出店を訪れる来場者でにぎわう芝生広場

当日は出店も立ち並び、ウエスレヤン大学の音楽サークルの皆さんによる演奏や、子ども劇団ホーリーゴーストの皆さんによる演劇「諫早眼鏡橋今昔物語」など、さまざまなイベントも行われ、会場は多くの来場者でにぎわいました。
また、今年は諫早眼鏡橋架橋180年を記念して、眼鏡橋アーチ下に散歩道が設置されており、散歩道を歩く親子連れの姿が多くみられました。眼鏡橋のまわりを色鮮やかなつつじが彩っていて、春の気分を味わえます。

お問い合わせ
総務部 秘書広報課
〒854-8601  長崎県諫早市東小路町7-1
(秘書担当:本庁・本館4階)
(広報担当:本庁・本館5階)
電話番号:0957-22-1500
ファクス:0957-23-6031

より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...