ノウフクマルシェin諫早

3月16日

販売されている商品を眺める来場者たち

ステージから撒かれるお菓子に手を伸ばす来場者たち

諫早ゆうゆうランド干拓の里で「ノウフクマルシェin諫早」が開催されました。
農業と福祉の連携の取り組みを知っていただくため、障害のある人が生産した農産品や加工品をはじめ、焼き菓子や雑貨などの幅広い商品の販売が行われました。他にも味噌づくり体験コーナーやクラフト制作&昔遊び体験コーナー、ステージイベントでは、バンドの生演奏やダンスの披露、お福まきなどが行われ、会場はたくさんの来場者で大にぎわいでした。

手話で楽しむ 手話を楽しむ人形劇

3月10日

楽器の紹介をする出演者

人形を使って一寸法師の一コマを表現する様子

高城会館で「手話で楽しむ手話を楽しむ人形劇」が開催されました。
手話と語りによる人形芝居「一寸法師」と、おたのしみ交流会(人形や楽器、手話を紹介するステージ交流会)などが行われ、参加した皆さんは、障害の有無にかかわらず、子どもから大人まで楽しんでいました。

ホタルの幼虫放流式

3月9日(撮影:市民記者 江藤)

博士の説明を聞く園児たち

幼虫の入ったカップを手に取る園児たち

水路に幼虫を放流する子ども達

諫早公園の水路でホタルの幼虫放流式が行われました。
さわやかな春の青空の下で、200人近い学童・保育園児たちが蛍博士のお兄さんの話を聞いた後で、カップに入った蛍の幼虫を水路に放流しました。
5月中旬から6月初めの夜7時から9時にかけてたくさんの蛍の舞いが見られるそうです。

V・ファーレン長崎ホームゲーム(対 水戸ホーリーホック)

3月9日

整列するV・ファーレンのスタメン選手たち

ボールを蹴る中村選手

吉岡選手が放ったシュートが決まりゴールネットに突き刺さった瞬間

V・ファーレン長崎はホームで水戸ホーリーホックと対戦。0対1で競り負け、今季初黒星となりました。
前半は、サイド攻撃などで好機を作り、ゴールに迫りましたが惜しくも無得点。後半、水戸にカウンターで先制を許すとその後は相手の堅い守備を崩せず、そのままゲーム終了を迎えました。
次は、ぜひ勝利を!がんばれV・ファーレン長崎!

長崎県央看護学校卒業式

3月5日

卒業証書を受け取り檀上から降りる卒業生

檀上で答辞を読み上げる卒業生代表

式が終了し体育館を退場する卒業生たち

この日、晴れの日を迎えたのは、高等課程54期生47人と専門課程21期生43人です。保護者や在校生などたくさんの人の祝福されて学び舎をあとにした皆さんは、看護師としての役割と責任の重さを感じるとともに、これから進む看護への道に夢と希望で胸をふくらませていました。

劇団きんしゃい第60回記念公演

3月3日

舞台で演じている劇団の皆さん

舞台で演じている劇団の皆さん

西諫早公民館で劇団きんしゃい第60回記念公演「修禅寺物語」が開催されました。
劇団きんしゃいは昭和51年に設立し、今年で活動43年目を迎えます。
今回の「修禅寺物語」は、立ち上げ間もない3回目に講演した作品を当時のスタッフ・キャストを一新しての再演となりました。
劇団員たちの迫真の演技に、かけつけた演劇ファンからは盛大な拍手が送られ、会場は大変盛り上がっていました。

市花「ツクシシャクナゲ」植樹祭

3月2日(撮影:市民記者 沖田)

苗木とスコップを手にピースサインする子どもたち

苗木の側でスコップを手にピースする子どもたち

参加者全員で整列して記念撮影

多良岳しゃくなげ高原にて「市花ツクシシャクナゲ植樹祭」が開催されました。
市長はじめ、小学生も参加し、約100人がなごやかな雰囲気の中、無事300本のシャクナゲが植樹されました。
撮影スポットとしても今後が楽しみです。

お問い合わせ
総務部 秘書広報課
〒854-8601  長崎県諫早市東小路町7-1
(秘書担当:本庁・本館4階)
(広報担当:本庁・本館5階)
電話番号:0957-22-1500
ファクス:0957-23-6031

より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

ご協力ありがとうございました

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...