設置のきっかけは長崎旅博覧会
市内中心部から国道207号を佐賀方面に向かい、小長井地域に入るとフルーツをかたどったバス停があちこちに見えてきます。
地元ではすっかりおなじみとなったこのフルーツバス停。設置のきっかけは、1990年に開催された長崎旅博覧会で、長崎県の玄関口として訪れる人たちの心を和ませるために当時の小長井町が整備したものです。

グリム童話をモチーフに
このフルーツバス停のアイデアの元になったのは、グリム童話「シンデレラ」に登場する「カボチャの馬車」だとか。イチゴやメロン、ミカンなど 全5種類16基のフルーツを模ったバス停が国道沿いを中心に設置され、それらはまるで通行者をおとぎの世界に迷い込んだような 気持ちにさせてくれます。

休日にフルーツ狩りはいかが!
今でも休日になると、家族連れなどが記念撮影する姿も多く見られ、地域住民にとってもランドマークとして親しまれる自慢の一つになっています。
地域の顔として訪れる人の心を癒してくれるフルーツバス停。皆さんも休日に何個の果物を見つけられるかフルーツ狩りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

フルーツバス停マップ

※ご注意
バス停(標示柱)から10メートル以内の部分については、道路交通法の規定により駐停車禁止となっております。
路線バスの安全な運行及び交通事故防止のためにもバス停付近への駐停車はおやめください。


より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...