眼鏡橋は日本の石橋で最初に国の重要文化財として指定された諫早の歴史的文化遺産です。この事業を通じて諫早市民や将来を担う子供たちに「眼鏡橋」は日本一で”郷土の誇り“との自覚と自信をもたせ、本市の魅力の向上に繋げることを目的としています。

日時
平成30年2月25日(日曜日)13時00分~15時30分

場所
諫早市民センター(諫早市東小路町8ー5)
☆入場無料

主催
眼鏡橋の歴史と文化を繋ぐ会(委員長 伊藤秀敏)

後援
諫早市教育委員会 諫早市芸術文化連盟

内容
講演 歴史とロマンのいさはや眼鏡橋「ミニ眼鏡橋が語るもの」 (講師:伊藤秀敏
紙芝居とDVDの完成披露「親子眼鏡橋物語」演劇 「諫早眼鏡橋今昔物語~ミニ眼鏡橋の帰郷~」
(子ども劇団ホーリーゴースト:作・演出 渡邉享介)

問い合わせ先
眼鏡橋の歴史と文化を繋ぐ会 事務局 杉本(携帯 090ー1089ー6943)

眼鏡橋フェスタ(チラシ)(PDF:972KB


より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...