本明川ダムは、国土交通省の直轄事業として、本明川の上流に建設が計画されています。

本明川ダム建設事業を記している地図のイラスト

本明川ダムの目的
  1. 洪水調節
    昭和32年の諫早大水害規模の大雨が降っても、ピーク時に約3割の洪水をダムで食い止めることにより、ダムの下流の本野地区や諫早市街地などで本明川の水があふれることを防ぎます。
  2. 望ましい河川流量の確保
    渇水時の良好な河川環境の維持と、ダムより下流の既得農業用水が安定的に取水できるよう、本明川の流量を確保します。
本明川ダムの概要

ダム主要構造諸元

  1. 型式
    台形CSGダム
  2. 堤高
    約55.5m
  3. 堤頂長
    約340m
  4. 湛水面積
    約40ha
  5. 総貯水容量
    約620万㎥
  6. 有効貯水容量
    約580万㎥
ダム建設の経過

経過

昭和58年 予備調査開始
平成2年4月 実施計画調査開始
平成6年4月 建設事業着手
平成12年12月 本明川水系河川整備基本方針策定
平成17年3月 本明川水系河川整備計画策定
平成20年6月 本明川水系本明川ダム建設事業環境影響評価方法書の公告・縦覧
平成21年4月 本明川水系本明川ダム建設事業環境影響評価準備書の公告・縦覧
平成21年12月 検証対象ダムに区分
平成25年8月 新規利水を除いて事業「継続」の対応方針決定
平成26年5月 本明川水系本明川ダム建設事業環境影響評価評価書の公告・縦覧
平成28年3月 本明川水系河川整備計画(変更)策定
平成28年3月 水源地域対策特別措置法に基づくダム指定
平成29年2月 本明川ダム建設事業に伴う損失補償基準協定書調印

※詳しくは、国土交通省長崎河川国道事務所ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

お問い合わせ
建設部 ダム推進課
〒854-8601 長崎県諫早市東小路町7-1(本庁・別館4階)
電話番号:0957-22-1500
ファクス:0957-22-9146

より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...