諫早つつじ祭り

眼鏡橋と色鮮やかなつつじの写真

【期間:4月開催】
つつじ祭りは昭和27年より開催され、約半世紀の歴史があり、近年は諫早の歴史探訪など様々な催しが行われています。(諫早公園一帯)

凧揚げ大会「あぐうデイ」

山茶花高原で行われる凧揚げ大会「あぐうデイ」を楽しむ人々が写った写真

【期間:4月開催】
毎年4月29日に山茶花高原ピクニックパークで開催される凧揚げ大会。創作凧コンテストや凧揚げ名人の技披露など。

唐比蓮祭り

唐比蓮祭りで披露される唐比浮立を披露している様子の写真

【期間:7月開催】
ハスの花が1年で最も美しく咲き誇る7月上旬に、森山町の唐比ハス園で行われる祭りです。唐比浮立(郷土芸能)の披露、ハスの花や睡蓮の苗の販売なども好評です。

諫早万灯川まつり

本名川を流れるろうそくと鮮やかに上がる花火の様子を写した写真

【期間:7月開催】
毎年7月25日に本明川で開催される「諫早万灯川まつり」は、昭和32年集中豪雨での犠牲者の追悼のまつりです。慰霊の思いを込め。本明川のほとりに約2万3千本の万灯を点し、花火を打ち上げます。

江ノ浦子供ペーロン大会

江ノ浦子供ペーロン大会でペーロンを一生懸命こぐ子どもたちの様子を写した写真

【期間:8月開催】
約20年前から、漁業の安全操業と大漁を祈願すると共に、青少年の健全育成を目的として、毎年8月上旬に飯盛町江ノ浦漁港で開催されています。

のんのこ諫早まつり

のんのこ諫早まつりのステージで踊を披露している様子を写した写真

【期間:9月開催】
諫早最大の市民総参加のお祭りで、数千人の市民が皿を打ちならしながら、街を練り歩きます。リズミカルな「まつりのんのこ」や、親から子、孫へと受け継がれていく伝統芸能披露が行われます。

ききつ船津ペーロン大会

ききつ船津ペーロン大会でペーロンをこぐ様子と写した写真

【期間:10月開催】
約300年以上の歴史を誇る伝統行事で、鹿神社の奉納行事として喜々津漁港で開催されています。二艘のペーロン船が反対方向にスタートするブイ廻り競走や、沖の旗を一周する沖旗廻り競走が行われます。

コスモスまつり

コスモスまつりの満開のコスモスの写真

【期間:10月開催】
100万本のコスモスが咲き誇る10月中旬に、高来町の河川敷(自然干陸地フラワーゾーン)で開催されるコスモスまつりです。轟太鼓やふれあい動物園などのイベントもあります。

畳やぶり

畳やぶりをしている男性たちの写真

【期間:1月開催】
楠公神社の氏子が楠木勢と、幕府勢とに分かれ、楠木勢が神殿の入り口に立てた畳に突進し、引きちぎった畳のわらを身体に激しく擦り付けあい、1年間の無病息災を祈ります。(白浜町楠公神社)

百手まつり

百手まつりで矢を放とうとしている宮司の写真

【期間:2月開催】
木で作った弓、雌竹で作った矢を使用し、宮司が的の裏にある「鬼」の紙を射抜く。境内に集まった善男善女、子供達に天狗の面をかぶせ、鈴を鳴らして、1年間の無病息災、厄除けのお払いを行います。(破籠井町熊野神社)

お問い合わせ
商工振興部 商工観光課
〒854-8601 長崎県諫早市東小路町7-1(本庁・本館6階)
電話番号:0957-22-1500
ファクス:0957-22-2462

より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...