諫早市観光プロモーション映像
うなぎ料理

おいしそうなうなぎのかば焼きの写真

きも焼き・かば焼き・鰻寿司他。江戸時代からの伝統を持つ諫早の名物料理。
諫早は、街中を流れる清流「本明川」と有明の海、そこで採れていた良質のうなぎを使った美味しい「うなぎ料理」により、鰻処として江戸時代から近隣に知られていました。諫早のうなぎの蒲焼は、『焼き』のあと、2重底になった京都の楽焼きの独特な器を使い、仕上げにその器で蒸すのが特徴です。楽焼きの空洞部分にお湯が入っているので、うなぎがほどよく蒸されてふっくらとし冷めにくく、とろけるような独特な舌触りが生まれます。

すっぽん料理

コラーゲンたっぷりのすっぽん鍋の写真

刺身・茶碗蒸し・唐揚・雑炊他。コラーゲンたっぷりで、美容と健康に効果あり。
高級食材のすっぽん。その料理を手軽な料金で堪能できます。市内にはすっぽんの養殖では国内有数の養べつ場があります。低カロリー、高タンパク質なすっぽん料理は、美容や健康に効果があるということで話題を集めています。また、すっぽんを諫早の名水でまろやかなゼリーに仕上げたスッポンゼリーも、コラーゲンたっぷりで女性に人気です。

おこし

おこしと緑茶の写真

おこしは藩庁が許可していた数少ない菓子の一つで、香ばしく煎られた乾飯の歯触りと独特の風味は、江戸時代からの諫早の伝統的な銘菓です。

お酒

お酒の一升瓶の写真

市内で唯一の酒蔵です。自然豊かな諫早の「黎明の水」とうたわれた名水と米から生み出される銘酒は多くのファンを持つ逸品です。

牡蠣

プリプリの牡蠣の写真

小長井町は牡蠣の産地として有名。冬になると牡蠣焼き小屋が建ち並び多くの人で賑わいます。手の平ほどもあるおおきな牡蠣の身はプリプリと大粒。炭火でじっくり焼き上げて食べる牡蠣は、潮の香りと濃厚な旨みは格別です。小長井の牡蠣はアミノ酸含有量が特に高く、アミノ酸は脂肪を減らす効果やむくみを解消、シミやくすみの改善など様々な効果があるので女性にも好評!冬の諫早を訪れた時は、ぜひ味わって欲しい美味しさです。

伊木力みかん

オレンジ色に実った伊木力みかんの写真

日本温州みかんの祖となる2大系統のひとつ「伊木力系」の直系品種。昭和初期の大村湾黄金化計画で、大村湾沿岸で伊木力みかんが広く栽培されるようになりました。普通のみかんより薄皮で糖度が高いことで有名で人気があります。

幻の唐比レンコン

幻の唐比レンコンの写真

唐比(からこ)レンコンは、泥炭質の土壌と鉄分を多く含む地質の関係からか、真っ白い肌と食べた時に納豆みたいに糸を引く特徴があり、シャキシャキではなくホクホクとした食感が人気を呼んでいます。収穫時期は9月~3月ですが、出荷量が少なく、手に入らないことも多いとか。地元の直売所で特に贈答用として販売されています。

お問い合わせ
商工振興部 商工観光課
〒854-8601 長崎県諫早市東小路町7-1(本庁・本館6階)
電話番号:0957-22-1500
ファクス:0957-22-2462

より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...