見どころ

富川渓谷

富川渓谷の渓流の様子をうつした写真

諫早市の中心街から北におよそ12キロ、多良山系の奥深く入った本明川の一支流に富川渓谷があります。
富川の森林は、豊富な植物群が自生し、自然環境も美しく、史跡巡りや夏の避暑地として古くから市内外の人々に「諫早の奥座敷」として親しまれてきました。
富川渓谷には、元禄時代の大洪水、大旱害を契機に、天下泰平と死者の供養を祈願して岩肌に刻まれた県指定史跡の五百羅漢があります。磨崖仏としては、県下随一のものであるといわれています。

五百羅漢

五百羅漢を撮った写真

元禄14年(1701年)に発願し、宝永6年(1709年)の春に竣工。この工事の縁起は、元禄12年(1699年)本明川が大洪水を起こし、死者487名をだしました。翌13年は逆に大旱害で田畑が荒廃し、このため領主茂晴公(第7代)は、水源の地・富川渓谷の岩壁に、領内の息災と天下の泰平を祈願し、また水難者の供養のため五百羅漢を刻みこんだとつたえられています。

森の吊橋

渓谷にかかる森の吊橋の写真

渓谷にかかる森の吊橋は、延長30m、幅員1.5mで、川面から10mの高さがあります。
床板は木製で仕上げ、すき間からも川面が見えます。

カツラの木

カツラの木を上方向から撮った写真

カツラは、北日本系の代表的な落葉高木で、白樺などと共に繁茂していますが、県内では多良山中に稀に自生しているのみです。これらの中では最も大きく高さ約10mほどを測り、根元から多数の幹が簇生しているところから、地元では、「千本木」と呼ばれ親しまれています。

展望台

木造の展望台全体を写した写真

木造2階建て、床面積が70㎡。多良岳から橘湾、大村湾まで一望できます。

キャンプ・バンガロー

バンガローが二棟写っている写真

1棟6人が利用できるバンガロー3棟を整備しています。キッチン・シャワー・トイレ・寝具などが備えられ快適に過ごすことができます。
また、バーベキューセット、木炭をそれぞれ500円で貸し出ししています。

定員 1棟6名が3棟
施設内容 温水シャワー、トイレ、ロフト付、ミニキッチン(冷蔵庫、炊飯器、フライパン、なべ、皿など)、寝具(1棟当たり6セット)
利用料金 宿泊料
1泊1棟1万円(午後4時~翌午前10時まで)
休憩料
1時間500円(午前10時~午後4時)
申込先 利用日の3カ月前から申込みを受け付けます。
バンガロー管理人
谷口 直喜さん(電話番号:080-6408-0368)
アクセス

富川渓谷までのアクセスマップのイラスト

  • 国道34号より約6㎞
  • 富川停留所(バス終点)より500m
  • JR諫早駅より車で20分、バスで30分
関連リンク
お問い合わせ
農林水産部 林務水産課
〒854-8601 長崎県諫早市東小路町7-1(本庁・別館3階)
電話番号:0957-22-1500
ファクス:0957-22-2602

より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...