目次
  1. 鳥獣による被害の状況
    ・イノシシ
    ・アライグマ
  2. 諫早市における有害鳥獣の捕獲状況
  3. 鳥獣被害の対策について
  4. 被害防止計画
  5. 補助事業について

1.鳥獣による被害の状況

鳥獣による被害の状況と推移

(単位:a、千円)

平成26年度 平成27年度 平成28年度
被害面積 被害額 被害面積 被害額 被害面積 被害額
イノシシ 2,743 28,384 2,406 27,755 2,999 35,640
アライグマ 5 34 0 0 2 648
その他鳥獣類 122 3,942 1,140 1,868 1,497 24,114
2,870 32,360 3,546 29,623 4,498 60,402

イノシシ
水稲・甘藷・みかん・馬鈴薯やカボチャなどの被害が目立つ。

イノシシによる食害(みかん)
イノシシによる食害(みかん)

イノシシによる食害をうけた馬鈴薯を作っている畑の写真
イノシシによる食害(馬鈴薯)

捕獲されたイノシシの写真
捕獲されたイノシシ

イノシシの親子が写っている写真
イノシシの親子

カラス
梨・みかんなどの果樹被害が多い。

送電線に集まるカラスたちを写した写真
送電線に集まるカラスたち

カラスによる食害をうけた梨の写真
カラスによる食害(梨)

アライグマ
平成23年度あたりから諫早市では多良山系を中心として増え始めている。
ぶどうやみかんなどの果樹被害が多く、畜舎周辺でも捕獲されている。

アライグマによる食害をうけてブドウの実がなくなったブドウの写真
アライグマによる食害(ブドウ)

アライグマを撮った写真
アライグマ

※アライグマは特定外来生物です。
諫早市では平成23年から捕獲数が増加しており、今後、生息域が拡大しています。農作物被害のほかにも家屋侵入による糞尿や騒音被害、人畜共通感染症の可能性などがあり、また、日本固有の動植物を捕食するなど生態系への影響もあります。

アナグマ
被害報告は少ないが、目撃例が多い。
いちじく・いちごなどの果物を好み、放置された柿の実も格好の餌場となる。

アナグマによる食害をうけたイチジクのかじられている写真
アナグマによる食害(イチジク)

アナグマの親子がうつっている写真
アナグマの親子

2.諫早市における有害鳥獣の捕獲頭数

有害鳥獣の捕獲頭数

(単位:頭)

平成26年度 平成27年度 平成28年度
イノシシ 1,850 2,894 2,330
アライグマ 30 65 76

3.鳥獣被害の対策について

鳥獣による農作物被害でお困りの方
またはイノシシの出没でお困りの方

4.被害防止計画

5.補助事業について

地域ぐるみで取り組む侵入防止柵(ワイヤーメッシュ柵・電気柵)の設置に対して支援しています。

ワイヤーメッシュ柵で対策をしている写真
ワイヤーメッシュ柵

電気柵で対策をしている写真
電気柵

地域ぐるみで捕獲対策に取り組む際のイノシシ捕獲檻の整備に支援しています。

イノシシ捕獲檻をおいて対策をしている写真
イノシシ捕獲檻

狩猟免許試験に際しての講習会費を助成しています。

「有害鳥獣捕獲における狩猟免許を有しない従事者容認事業」による捕獲隊への支援を行っています。(ながさき有害鳥獣被害防止特区への取組)

※補助事業に取り組まれる場合は実施要件等ありますので、くわしくは市有害鳥獣対策室までおたずねください。

お問い合わせ
農林水産部 有害鳥獣対策室
〒854-8601 長崎県諫早市東小路町7-1(本庁・別館3階)
電話番号:0957-22-1500
ファクス:0957-22-2602

より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...