マイナンバー制度とは

行政を効率化し、国民の利便性を高め、公平・公正な社会を実現する社会基盤です。
マイナンバーを利用することで、行政手続きが早く、簡単かつ正確に行えるようになります。

国民の利便性の向上、行政の効率化、公平・公正な社会の実現
(出典:内閣官房・内閣府制作マイナンバー広報資料)

マイナンバー制度の理解を深めていただくよう、内閣官房のマイナンバー特設ホームページを開設しています。
関係省庁のホームページリンクを貼っています。
マイナンバーキャラクター(マイナちゃん)
マイナンバーキャラクターマイナちゃん】

内閣官房ホームページ(外部サイトへリンク)

マイナンバー(個人番号)通知

平成27年10月から国民の皆さま一人ひとりにマイナンバー(個人番号)が通知されます。
法人には法人番号が通知されます。

  • 住民票を有する全ての方に1人1つの番号(12桁)が通知されます。
    市区町村から、住民票の住所にマイナンバーの通知カードが送られます。
    住民票の住所と異なるところにお住まいの方は、注意してください。
    マイナンバーは生涯を通じで利用し、原則変更されませんので、大切にしてください。
  • 番号が漏えいし、不正に使われる恐れがある場合を除き、マイナンバーは一生変更されません。
事業者の皆様は、行政手続きなどのため、従業員などのマイナンバーを取り扱います
平成28年1月から 社会保障・税・災害対策の行政手続でマイナンバーが必要になります
  • マイナンバーは、社会保障・税・災害対策分野の中で法律で定められた行政手続にしか使えません。
  • 次のような場面で使います。(一例)

マイナンバー利用の一例イメージイラスト

(出典:内閣官房・内閣府制作マイナンバー広報資料)

平成29年7月から 行政機関などでの情報連携が順次始まる予定です
  • 「行政の効率化」、「国民の利便性の向上」、「公平・公正な社会の実現」の3つのメリットを実現するための、行政機関などでの情報連携は、マイナンバーの利用開始から1年半後に順次始まる予定です。
マイナンバーの最新情報

最新情報は、内閣官房ホームページ「社会保障・税番号制度」をご覧ください。

関連リンク
コールセンターの設置

マイナンバー制度に関する問合せにワンストップで対応するコールセンターが開設されました。
不明な点等がありましたら、こちらにお問い合わせください。

日本語窓口
0570-20-0178(全国共通ナビダイヤル)※有料
外国語窓口(英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語)
0570-20-0291(全国共通ナビダイヤル)※有料
受付時間
【平成27年9月30日まで】

午前9時30分~午後5時30分(土曜日・日曜日・祝日を除く)
【平成27年10月1日から平成28年3月31日まで】
午前9時30分~午後8時(土曜日・日曜日・祝日は午前9時30分~午後5時30分)

お問い合わせ
市民生活環境部 市民窓口課
〒854-8601 長崎県諫早市東小路町7-1(本庁・本館1階)
電話番号:0957-22-1500
ファクス:0957-27-0111

より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...