「個人番号カード」と「住民基本台帳カード」の発行・利用について紹介します。

個人番号カードと住民基本台帳カードについて
  • マイナンバー制度の導入に伴い、現在の住民基本台帳カードとカードを使用した電子証明書(公的個人認証)の発行を、平成27年12月22日(火曜日)午後5時で終了します。
  • すでに交付された住民基本台帳カードは、原則として有効期間内(発行日から10年)は引き続き有効です。併せて住民基本台帳カードを利用した電子証明書(公的個人認証)も有効期間内(発行日から3年)は引き続き有効です。
  • 平成28年1月以降は住民基本台帳カードの発行は行わず、「個人番号カード」の発行へ変わります。現在、住民基本台帳カードをお持ちの人は個人番号カードへ切り替えの際、市町村窓口にて回収となります。
個人番号カードと住民基本台帳カードの発行・利用期間イメージ図
個人番号カードと住民基本台帳カードの発行・利用期間イメージ図
個人番号カードと住民基本台帳カードの比較

個人番号カードも顔写真付き身分証明書として利用できます。

カード 個人番号カード 住民基本台帳カード
交付 後日交付
(平成28年1月~交付開始)
後日交付(場合によっては即日交付)
※平成27年12月22日(火曜日)で発行終了
手数料 初回発行無料 500円
有効期限 10回目の誕生日まで
(未成年者は5回目の誕生日まで)
発行日から10年
電子証明書
(公的個人認証)
標準搭載 ※希望者は失効可能
有効期間:5回目の誕生日まで
発行手数料:初回発行無料
希望者のみ搭載
有効期間:発行日から3年間
発行手数料:500円

※電子証明書(公的個人認証)は、インターネットを通じて行政手続きを行う際に、他人によるなりすましやデータの改ざんなどを防ぐために用いられる機能です。

お問い合わせ
市民生活環境部 市民窓口課
〒854-8601 長崎県諫早市東小路町7-1(本庁・本館1階)
電話番号:0957-22-1500
ファクス:0957-27-0111

より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...