戸籍の附票とは
本籍地の市区町村において、戸籍の原本と一緒に保管している書類で、その戸籍が編製されてから(またはその戸籍に入籍してから)現在に至るまで(またはその戸籍から除籍されるまで)の在籍者の住所の履歴が記録されています。

附票の使いみちは
戸籍の附票には住所の履歴が記録されていますので、何度も引越しをした人が、いくつか前の住所から今の住所までの履歴を証明したい場合に、この証明を取ることで証明できる場合があります。

附票の請求先は
附票は、戸籍とともに本籍地で保管されているので、本籍地の市区町村に請求してください。

請求時の注意点
請求の際は、どこの住所からどこの住所までの履歴が必要かを確認の上、ご請求ください。
転籍などで市区町村をまたいで本籍を変更していると、現在の附票にはその転籍の時点以降の住所しか記載されません。それ以前の住所の証明が必要な場合には、転籍前の除附票を 取ることになります。
婚姻などで、夫婦の戸籍を編製した場合も同様で、婚姻後の戸籍の附票には、婚姻届を出した時点以降の住所から記載されます。婚姻前の住所の証明が必要な場合は、親 などの戸籍の附票を取ることになります。
本市では平成19年1月、戸籍のコンピュータ化に伴い附票を改製しました。コンピュータ化される以前の附票は、改製原附票として最低5年間保存されます。また、戸籍自体が全員除籍になると戸籍の附票は除附票となり、同様に最低5年間保存されます。
よって、過去の住所の記載のあるものが必要な場合は、改製原附票もしくは除附票をご請求ください。

お問い合わせ
市民生活環境部 市民窓口課
〒854-8601 長崎県諫早市東小路町7-1(本庁・本館1階)
電話番号:0957-22-1500
ファクス:0957-27-0111

より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...