諫早市内では、市役所職員や県庁職員を名乗り、医療費の還付に関する不審電話が発生しています。

≪事例≫

  • 市役所職員を名乗り、「医療費の還付がある」という電話があった。特定の銀行の口座があるか聞かれたが、答えられないと言って電話を切った。
  • 県庁職員を名乗り、「医療費の還付がある。口座のある銀行はどこか。」と聞かれ、銀行名を伝えると、「ATMに行って、電話をかけるように」と電話番号を教えられた。
  • 市役所職員を名乗り、「医療費の払い戻しがあるので銀行に振り込む。口座を教えてほしい。」と言われ、銀行名を答えると、明日銀行から電話があると言い電話は切れた。                                                                                                      翌日銀行職員を名乗る男から電話があったが、不審に思い市役所に確認した。

市役所職員などが、電話で口座の情報を尋ねたり、ATMの操作を指示したりすることはありません。銀行へ出向くように伝えることもありません。質問には答えず、所属課と名前を聞いて電話を切り、市役所へ確認するとともに、警察へ通報してください。

お問い合わせ
市民生活環境部 市民相談室
〒854-0016 長崎県諫早市 高城町5-25(高城会館3階)
電話番号:0957-22-3113

より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...