中身が残ったエアゾール缶(スプレー缶)、カセットボンベ、ライターをそのままゴミに出すと、ゴミ収集車やゴミ処理施設での引火や破損事故の原因となり、大変危険です。必ず中身を出し切って出してください。
※穴あけは不要です。

中身の有無を確認しましょう

缶を振って中の音を聞いてください。
中身が残っていると、「シャカシャカ」「チャプチャプ」など音がします。

中身をすべて出しましょう
  • エアゾール缶(スプレー缶)の場合
    必ず火の気のない、風通しの良い屋外で、中身を出し切ってください。
    また、中身排出機構、残ガス排出機構のキャップ、ボタン等を使って中身を出し切ってください。
    (商品に記載された使用説明を必ずご覧ください)
    ※周囲への飛散を防止するため、新聞紙等に吹き付けてください。
    ※屋内で中身を出すと、火気や静電気で引火することがありますので、おやめください。
  • カセットボンベの場合
    ご使用のカセットコンロに、「ヒートパネル」(容器加温装置)が搭載されている場合は、使用中にカセットボンベ適度に温め、ガス圧の低下を制御し、最後まで強い火力を維持することでカセットボンベ中のガスを最後まで使い切ることができます。
お問い合わせ
市民生活環境部 環境政策課
〒854-8601 長崎県諫早市東小路町7-1(本庁・ 本館5階)
電話番号:0957-22-1500
ファクス:0957-22-2579

より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...