敷地面積が1,000㎡以上の土地に、自立した太陽光発電設備を設置する場合、平成28年7月1日から事前に届出が必要となります!

再生可能エネルギーの普及促進により、本市内においても山林や空地に太陽光発電設備が設置されるケースが見られます。
市では、周辺環境への影響を未然に防止し、適切な設置を促すため、太陽光発電設備を諫早市環境保全条例の事前協議対象とすることとしました。

対象区域
市内全域

対象敷地面積
1,000㎡以上

対象施設
土地に自立して設置する太陽光発電設備で造成の有無は問わない
(建物の屋根に設置する太陽光発電設備は対象外)

対象施行日
平成28年7月1日以降に工事着手するもの

ただし、平成28年6月30日以前に工事着手するものでも、盛土造成を伴うものなどは、事前協議の対象となる場合があります。
事業者は、計画図・周辺居住者等との協議書などを添えた事前協議書を提出し、市の合意を得ることが必要となります。

届出先
開発支援課

問い合わせ先

環境政策課または開発支援課
電話番号:0957-22-1500


より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...