高額医療・高額介護合算制度

世帯内の同一の医療保険に加入する人の1年間に支払った医療費と介護サービス費を合算した額が、自己負担限度額を超える場合、その超えた額が「高額介護合算療養費」として支給されます。

○支給額は、平成28年8月1日から29年7月31日までの自己負担額を基に計算します。ただし、70歳未満の人の医療費は、同一医療機関における入院、通院それぞれ1ヵ月に2万1千円を超えるものが合算対象です。

○国保または後期高齢者医療の人で、高額介護合算療養費の支給に該当する人には、来年1月以降に個別にお知らせします。

○被用者保険(職場の保険)に加入している人の申請手続きについては、加入している被用者保険にお尋ねください。なお、被用者保険の人は、介護保険の自己負担額証明書が必要ですので、市高齢介護課に印鑑をお持ちのうえ、申請してください。

・申請に必要なもの

印鑑、振込先の口座番号(国保は世帯主名義、後期高齢者医療は本人名義)

問い合わせ先

健康福祉部 保険年金課または高齢介護課