国民健康保険の加入・脱退などの変更は自動的に行われるものではなく、窓口に届け出ることによって、切り替わります。
下記の場合は届出が必要です。14日以内に必ず届け出てください。

こんなとき 届出に必要なもの
国保に加入するとき 職場の健康保険をやめたとき 職場の健康保険をやめた日の分かる証明書、印鑑
職場の健康保険の被扶養者でなくなったとき 扶養からはずれた日の分かる証明書、印鑑
生活保護を受けなくなったとき 生活保護廃止決定通知書、印鑑
国保をやめるとき 職場の健康保険に加入したとき 国保の保険証と職場の健康保険証、印鑑
職場の健康保険の被扶養者になったとき
生活保護を受けるようになったとき 国保の保険証、生活保護開始決定通知書、印鑑
その他 転入や転出、転居などの住所変更、世帯主や氏名の変更、出生や死亡した場合 国保の保険証、印鑑
(市民窓口課の住民異動届と併せて手続きをしてください)

※各種届出・申請の際には、マイナンバー(個人番号)の記載が必要です。
※75歳になり、後期高齢者医療制度に加入する際には、自動的に切り替わりますので、特に届出は必要ありません。
※窓口での届出が困難なときは、郵送などで手続きができる場合がありますので、お問い合わせください。

■問い合わせ先
市保険年金課または各支所地域総務課


より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...