障害のある人が、次の要件を全て満たす場合は、国民年金・厚生年金保険の障害基礎年金や障害厚生年金を受給することができます。
1 年金制度加入中に初診日があること
2 一定の障害の状態にあること
3 保険料納付要件を満たしていること
■障害基礎年金額(平成29年度年額)
○1級・・・974.125円
○2級・・・779.300円
※障害厚生年金額は、厚生年金加入中の報酬額と加入期間で算出されます(配偶者や子どもがいる人は、一定額が加算される場合があります)。
※障害年金を受給するには、本人または家族による請求手続きが必要です。
【ご注意ください】
障害手帳の障害等級と国民年金・厚生年金保険の障害等級は、判断基準が異なるため、手帳の交付を受けていても障害年金は受給できない場合があります。
■問い合わせ先
諫早年金事務所(電話25ー1662)、市保険年金課または各支所地域総務課


より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...