色の変更 標準 黄色 黒 サイトマップ
文字サイズ 標準 縮小 拡大
音声で読みあげる
検索

『』 ⇒ 『』 の記事一覧

配偶者の扶養からはずれた場合は年金の手続きを

サラリーマンの配偶者に扶養されている20歳以上60歳未満の人は、国民年金の第3号被保険者です。 第3号被保険者だった人が、配偶者の退職や自身の収入増・離婚などにより配偶者の扶養からはずれた場合(本人が厚生年金に加入した場 …

国民健康保険、後期高齢者医療に関する所得申告

国民健康保険、後期高齢者医療制度に加入している人やその世帯員で、平成29年分(平成29年1月~12月)の所得の申告が必要な人には6月中旬頃に申告書を送付します。 この申告をもとに、保険料や高額療養費の自己負担限度額などを …

国民年金に加入の学生の皆さんへ

国民年金の保険料納付が困難な学生の人には、申請すると納付が猶予される学生納付特例制度があります。 承認を受けるためには、年度ごとの申請が必要です。申請方法は次のとおりです。 平成29年度に申請し承認された人 平成30年度 …

国民健康保険

目次 国民健康保険に加入する人 国民健康保険の届出 国民健康保険の保険証について 国民健康保険料の決まり方 国民健康保険料の納付について 国民健康保険の給付 健康診査事業 その他の制度 ※各種届出・申請の際にはマイナンバ …

諫早市国民健康保険第2期データヘルス計画

近年、電子レセプトや特定健診の検査結果など、健康や医療に関する情報記録をもとに、被保険者が抱える健康課題の分析や保健事業の評価を行うための環境整備が進んでいます。諫早市国保では、このような情報(データ)を活用し、効果的な …

諫早市国民健康保険 第2期データヘルス計画手交式を開催しました

平成30年4月16日に、諫早市役所において、諫早市国民健康保険 第2期データヘルス計画手交式が開催されました。 データヘルス計画とは、健診結果や医療などの情報(データ)を利用して、健康づくりのための保健事業を効率的・効果 …

特定健康診査

平成20年度からメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した「特定健康診査」が始まりました。 「特定健康診査」は少子高齢化が進む中で国民皆保険制度を将来にわたり持続可能なものとするため、 予防可能な生活習慣病の有 …

平成30年度特定健康診査受診券を送付いたしました

平成30年度から、国保特定健診を受診する際に、受診券が必要となります。 受診券は、年度初めに発送しております。 受診券を持って、特定健診を受けましょう!! 受診券をお持ちでない方は、市保険年金課又は各支所地域総務課までお …

国民年金後納制度で将来の年金額を増やせます

国民年金の後納制度は過去5年間に納め忘れた保険料を納付することにより、将来の年金額を増やすことができるものです。 現在、年金の受給資格がない人でも、制度の利用で年金を受けられる場合があります。 後納制度が利用できる期限は …

国民健康保険に関する所得申告について

国民健康保険に加入している人やその世帯員で、平成29年分(平成29年1月~12月)の所得の申告が必要と思われる人には2月中旬に申告書を送付します。 申告書が届いた人および申告書が届いていない人で、申告が必要な人は4月16 …

Page 1 / 3123
〒854-8601 長崎県諫早市東小路町7ー1
電話番号:0957-22-1500
/ファクス:0957-27-0111
 アクセス