平成29年度「認知症講演会」の開催のお知らせ

2025年には全国で約700万人、65歳以上の高齢者のうち5人に1人が認知症になるといわれています。身近な病気である認知症。認知症の人は、何を感じ、何を思っているのでしょうか。また、その声を伝え、自分らしく暮らし続けるためにはどのようにしたらいいのでしょうか。今回は、講演の後、若年性認知症の人を交えたシンポジウムを予定しています。皆さん、お誘いあわせのうえ、ご参加ください。

とき/平成30年2月17日(土曜日)14時~16時30分

ところ/諫早文化会館 大ホール

入場料/無料

内容

  • 講演:「私の声が聞こえますか~認知症の人たちの小さくて大きなひと言~」

認知症介護研究・研修東京センター 研究部長 永田 久美子 さん

  • シンポジウム:「認知症とともに生きる私たちの声から始めよう。一緒に作っていこう。」

佐世保市「壱行の会」 福田 人志 さん ほか

平成29年度「在宅医療介護連携推進講演会」の開催のお知らせ

高齢者が自宅で最期を迎えることが当たり前だった50数年前。今ではすっかり状況が変わり、ほとんどの方が病院で最期を迎えています。しかし、病院ではなく、住み慣れた地域で最期まで過ごしたいと思っている方も、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、長崎大学病院から講師をお迎えします。皆さん、お誘いあわせのうえ、ご参加ください。

とき/平成30年3月17日(土曜日)13時30分~16時

ところ/いいもりコミュニティ会館 飯盛町開1677番地1

入場料/無料

内容

  • 講演「在宅医療・介護のミカタ 元気なときから看取りまで 薬剤師の役割」

長崎大学病院薬剤部麻薬室室長 龍  恵美 先生

  • 報告「諫早市における薬剤師の取組」

諫早市薬剤師会副会長 宮﨑 彰宣 先生

お問い合わせ
健康福祉部 高齢介護課
〒854-8601 長崎県諫早市東小路町7-1(本庁 ・本館2階)
電話番号:0957-22-1500
ファクス:0957-22-0431

より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...