平成25年6月14日付けで厚生労働省勧告(外部サイトへリンク:PDF)が発せられたことを受け、諫早市では定期予防接種として実施している、子宮頸がん予防ワクチンについて、積極的な勧奨(ハガキ等による個別通知)を当面の間(※注意)差し控えることとしています。
定期接種の中止ではありませんので、接種を希望する方は予防接種の「有効性とリスク(外部サイトへリンク:PDF)」を理解した上でこれまでと同様に無料で接種ができます。
また、万が一健康被害が生じた場合は、予防接種法に基づく救済制度による給付(外部サイトへリンク)を受けることができます。

※注意:当面の間とは?(厚生労働省・自治体向け資料から抜粋)
今回の積極的な接種勧奨の差し控えは、今後、早急に調査すべきとされた副反応症例について調査し、副反応の発生頻度等がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間とされており、あくまで一時的な措置と考えている。
今後、積極的な接種勧奨の再開の是非については、副反応症例について可能な限り調査を実施した上で、速やかに専門家による評価を行った上で、改めて判断することとしている。

お問い合わせ
健康福祉部 健康福祉センター
〒854-0061 長崎県諫早市宇都町29-1(健康福祉センター)
電話番号:0957-27-0700
ファクス:0957-27-0717

より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...