身体障害者手帳の対象とならない軽度・中等度難聴児に対する補聴器の給付事業を実施しています。

対象者

次の1~4の要件をすべて満たす18歳未満の難聴児

  1. 県内に住所があり、その保護者の住所が市内であること
  2. 両耳の聴力レベルが各々30dB以上であること
    (指定医師が装用の必要を認めた場合は、この限りでない)
  3. 身体障害者手帳の交付対象者でないこと
  4. 補聴器の装用により言語の習得等一定の効果が期待できると医師が判断していること

※同一世帯員の市民税所得割額が46万円以上であるときは、給付対象外となります。

対象となる補聴器の種類等
補聴器の種類 1台当たりの基準額 基準額に含まれるもの 耐用年数
軽度・中等度難聴用ポケット型 43,200円 1.補聴器本体(電池含む)
2.イヤーモールド
※イヤーモールドを必要としない場合は、基準額から9,000円を除く。
原則として5年
軽度・中等度難聴用耳かけ型 52,900円
高度難聴用ポケット型 43,200円
高度難聴用耳かけ型 52,900円
重度難聴用ポケット型 64,800円
重度難聴用耳かけ型 76,300円
耳あな型(レディメイド) 87,000円 補聴器本体(電池含む)
耳あな型(オーダーメイド) 137,000円
骨導式ポケット型 70,100円 1.補聴器本体(電池含む)
2.骨導レシーバー
3.ヘッドバンド
骨導式眼鏡型 127,200円 1.補聴器本体(電池含む)
2.平面レンズ
※平面レンズを必要としない場合は、基準額から1枚につき3,600円を除く。

備考
FM型受信機、FM型用ワイヤレスマイク又はオーディオシューを必要とする場合は、次に掲げる額の範囲内で必要な額を加算できる。

名称 1台当たりの基準額
FM型受信機 80,000円
FM型用ワイヤレスマイク(充電池含む) 98,000円
オーディオシュー 5,000円

※上記により加算する場合において、FM型用ワイヤレスマイクは1台分に限る。

申請手続

次の1~5を障害福祉課または支所地域総務課に提出してください。

  1. 難聴児補聴器給付申請書
  2. 難聴児補聴器給付事業意見書(医師意見書)
  3. 補聴器販売事業者が作成した見積書
  4. 補聴器の仕様書
  5. 印鑑

※必ず事前に申請してください。(購入後の申請はできません)

公費負担額

補聴器1台当たりの基準額と補聴器の購入費用とを比較して、いずれか少ない方の額の3分の2に相当する額(千円未満切り捨て)

お問い合わせ
健康福祉部 障害福祉課
〒854-8601 長崎県諫早市東小路町7-1(本庁 ・本館1階)
電話番号:0957-22-1500
ファクス:0957-24-0901

より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...