申し込み不要 申し込み・打ち合わせが必要
1.遊具であそぶ 2.イベントに参加する 3.イベントに申し込んで参加する 4.オリジナルの活動をつくる

諫早市民を含む2人(2家族)以上のグループであれば、団体として場所やスタッフを占有し、オリジナルの活動をつくることができます。
これまでにも、子育てサークルや子ども会、PTA、中学校や高校の部活動、教師などの指導者のグループなど、様々な団体と共同でプログラムを開発・実施してきました。
よく、「何ができるんですか?」という質問をいただきますが、「何でもできます」とお答えしています。
私たちが大切にしているのは、「何を目指すのか」みなさんの思い・願いを聞くことです。
その上で、「何ができるのか」、みなさんの思い・願いに沿う活動をスタッフが一緒に考えていきます。
まずは事前に打合せの時間をとって、スタッフとともに目指すものを確認し合いましょう。

  1. 場所を占有して自主活動
  2. 場所とスタッフを占有してオリジナルの活動をつくる

という2つの方法が可能です。どうぞ、お気軽にご相談ください。

利用の条件
  • 諫早市民を含む2人(2家族)以上のグループでお申し込みください。
    諫早市外の方は、諫早市の団体と交流するなど諫早市民を巻き込む形であれば利用可能です。
  • 占有できる場所は、会議室、プレイホール、多目的用途室、ものづくり室の4部屋です。
  • 場所のみ占有の場合は、利用申請書の提出が必要です(諫早市こどもの城使用許可申請書(様式第1号)(Word:21KB)はこどもの城で準備しています)。
  • スタッフを占有する場合は、事前に打合わせが必要です。お問い合わせの上、一度ご来館ください。
これまでに、以下のような活動例がありました

1.場所を占有して自主活動

  • 子育てサークルなどでのお誕生日会やレクリエーションなど
  • 「自家製クラブ」など、こどもの城で出会ったお母さんたちが自主的にグループをつくり、月に一度ほど集まって、ソーセージや豆腐、そばやパスタなどの手作りにチャレンジしている例もあります。

2.場所とスタッフを占有してオリジナルの活動をつくる

  • 学級や学年PTAでのコミュニケーション・ワークショップ(注1)
  • 子ども会や学童クラブでの工作教室 (事前の材料集めからチャレンジするグループもあります)
  • 部活動などでのチームワークを高めるワークショップ
  • 学校の授業での利用 (生活科と連動した自然散策など)

注1:ワークショップとは、「楽しく」「互いに」「体験する」をキーワードにした、参加者同士が体験しながら相互に学び合う、学びのスタイルです。

活動の様子

中学生が描いたのアート・ワークショップ
中学生のアート・ワークショップ

2つの小学校の交流会に参加したたくさんの小学生
2つの小学校の交流会

コミュニケーション・ワークショップをする子ども達
コミュニケーション・ワークショップ

丸太を切る男の子
材料採集からのものづくり

サークル活動に参加する女性
サークル活動

みんなでバランスをとりながらフラフープを持つ
課題解決力を目指した職場研修

お問い合わせ
諫早市こどもの城
〒859-0307 諫早市白木峰町827ー2
電話番号:0957-24-8017
ファクス:0957-24-8016
 

より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...