色の変更 標準 黄色 黒 サイトマップ
文字サイズ 標準 縮小 拡大
音声で読みあげる
検索

『』 ⇒ 『』 の記事一覧

市長のふれあい訪問(平成21年)

【第2回】諫早おむすび博 平成21年11月29日 諫早まちづくりネットワーク協議会が開催する「第3回諫早おむすび博」を訪問しました。 市内各地で生産された米で作ったおむすびの食べくらべなどを行い、協議会の皆さんとボランテ …

市長のふれあい訪問(平成22年)

【第7回】うき☆ukiサンデー 平成22年11月24日 有喜中学校で開催されたうき☆ukiサンデーにお招きいただきました。小さなお子さんからお年寄りまで地域が一体となって取り組まれているとても家庭的なイベントです。 【第 …

市長のふれあい訪問(平成23年)

【第11回】とどろき紙工房 平成23年8月21日 湯江地区で生産されていた和紙「湯江紙」は明治30年ごろには、130戸ほどで生産され、紙質が丈夫で評判がよく、海外へも輸出されていたとのことです。「湯江紙」は昭和40年代に …

市長のふれあい訪問(平成24年)

【第18回】よどひめ ふれあい いきいきサロン 平成24年11月19日 高齢者などの社会的孤立感の解消や心身機能の維持向上を目的に開催している小長井町の「よどひめ ふれあい いきいきサロン」を訪問させていただきました。 …

私の被爆体験(平成19年度「平和を考えるつどい」から)

下平 作江さん(長崎市) みなさん、こんにちは。今日は大変お暑い中、私の被爆体験を聞きに集まってきてくださったみなさんに、心から感謝いたします。 みなさんは、原爆にあった人のことをなんというかご存じですか。被爆者、被爆体 …

私の被爆体験(平成21年度「平和を考えるつどい」から)

橋本 利一さん(諫早市高来町) みなさん、こんにちは。ただいまご紹介をいただきました、橋本利一でございます。よろしくお願いいたします。本日は平和を考えるつどいということで、諫早市から私の被爆体験についてお話をいただけない …

私の被爆体験(平成22年度「平和を考えるつどい」から)

榊 安彦さん(長崎市) 私が被爆したのは、今の長崎大学 ― 昔は軍需工場の三菱兵器製作所大橋工場 ― の目と鼻の先にあった家野町、これは爆心地から大体1.5㎞といわれておりますが、ここの自宅の縁側にいるときに被爆しました …

被爆者救護にあたり

子どもたちへの伝言 ~被爆者救護にあたり~ 馬場すづ子さん(諫早市小川町)の被爆者の救護活動 先づ始めに、どうしてこの太平洋戦争が始まったのかを申しますと、日本軍が宣戦布告無しに真珠湾(パールハーバー)という所に爆弾を落 …

戦争を知らない君たちへ

子どもたちへの伝言 ~戦争を知らない君たちへ~ 竹下民輔さん(諫早市馬渡町)の被爆体験 私が持っている被爆者手帳、これには今の住所も書いてありますが、原爆を受けたときにどこにいたかということも書いてあります。私が原爆を受 …

都市再生整備計画「諫早中心地区」

計画内容 名称 諫早中心地区都市再生整備計画 期間 平成19年度~平成23年度 目標 歴史と文化、水と緑を活かした中心地区の活性化 主な事業 芝生広場、道路整備ほか 都市再生整備計画事業のサイクル 都市再生整備計画の作成 …

Page 12 / 12«1112
〒854-8601 長崎県諫早市東小路町7ー1
電話番号:0957-22-1500
/ファクス:0957-27-0111
 アクセス