立山光重さん(諫早市幸町)

36年前の忌まわしく、悲しい出来事の原爆―。
昭和20年8月9日、真昼―
忘れようとしても忘れることのできない怒りを、抑えることは出来ません。その日の午後5時頃、馬場班長さんの、「怪我人が、どんどん諫早に運び込まれているので、救護に出られる者はみんな、出てくんさい。」との触れで、人手の足りない時期、家からは、私と、林のおじさん(林達子さんの実父)が行くことになりました。おじさんは、コトボシを持って、私達の上野町一班からは、江口のおばさん、宮本のおばさん、馬場班長さん御夫婦と、家の前の島鉄踏切そばに集まり、他にも何人か集まって来られ、6時頃、本諫早駅の前を通り、商業学校(現在諫早小学校庭)に着き、川のわきでしばらく待った後、班長さんの指示で救護活動に入りました。小屋のような所から入った途端、中は被爆者がいっぱいでした。呻きながら、「水…水…」と言う方に、近くにあったヤカンで水を飲ませました。汗や血や、汚れのために、色の染みたサルマタ姿の人、うずくまって動くことも出来ない人、ただ泣いている人、ぐったりしている人、髪も服もクシャクシャで、生き地獄でした。林のおじさんが、コトボシに火を点けて来られ、少し奥の方に行った所で、男の子が「アイタター、イタイヨー、ガラスが体中に入って、イタタ、イタイヨー。」と苦しがって、でも、はっきりした口調で、「おいは桶屋町の豆腐屋の息子」と言い、お父さんも、お母さんも、わからないとのことでした。幾人もおられた救護の方々も、どうすることも出来ませんでした。私は、可哀想で涙が出ました。また、小柄なおばさんが、男の方と、被爆者の中を見てまわっておられ、身内の方を捜していられました。充分にないローソクやコトボシの明りで、それはそれは大変でした。苦しまぎれにはみ出されている足を、そっと、そばに寄せてやったり、林のおじさんと二人で、抱えて安定させてやったりしました。お世話する係の方でしょうか?
「水は欲しがるままに、たくさん飲ませんように。」と言っているのが聞こえました。
夜通し救護して明け方、林のおじさんが、ムシロを持って来て、私も手伝って、所々の被爆者の人の上に着せました。亡くなられた方だったと、帰りに聞かされました。私が洋裁見習として、住み込みでお世話になって間もない頃のことでした。周りの皆様に覚えもなく、今はもう、町内会長さんも、班長さんも、林のおじさんも、亡くなられてしまいました。
※コトボシ:手燭(てしょく)・紙燭(かみしょく)。持ち歩きに便利なように柄をつけた燭台。

お問い合わせ
政策振興部 企画政策課
〒854-8601 長崎県諫早市東小路町7-1(本庁 ・本館6階)
電話番号:0957-22-1500
ファクス:0957-27-0111

より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...