昭和57年8月9日、北小の生徒に話して聞かせた話から

野中チトヨさん(諫早市船越町)

 今日は、長崎に原爆が落とされた日ですね。
今から37年前の今日、長崎に原爆が落とされた時、この諫早ではどんなことがあったのか、私が、この目で見たことや、したことをお話します。
長崎に原爆が落とされたあの日は、今日よりももっとよく晴れたとても暑い日でした。今でも忘れません。昭和20年8月9日、11時2分。長崎に落とされた原爆が、まるで諫早に落ちたように、稲妻の何倍という光と、ほとんど同時に『ドーン』という物凄い音がしたのです。みんなびっくりして、その瞬間反射的に物かげに隠れました。しばらくして外へ出てみるとどうでしょう。今まで晴れていた空が、真昼というのに薄暗くなって、長崎の方に変な形をした雲がもくもくとできたのです。それは、皆さんも写真で見たことがある、あの「きのこ雲」だったのです。一体どうなったのでしょう。きっと、今までにない、ものすごい爆弾が、どこかに落とされたに違いないとみんなで心配していました。
それから約3時間ばかりして、やっと警防団のおじさんが来て、「長崎は、さっきの爆弾でほとんどやられたそうです。怪我をした人が諫早にも来るので講堂を掃除して下さい。」と言って来られました。その頃の諫早小学校の講堂は、今の市役所の所にあって、2,000人以上の人が入ることのできる大きな建物でした。私たちは汗だくになって、心配で胸をどきどきさせながら一生懸命掃除をして、怪我人を待ちました。
やがて、午後5時頃、トラックに乗せられた人たちが、次々に来ました。その人たちは、トラックに乗って来られたくらいだから、怪我といっても軽い方の人たちに違いありません。だのに、どうでしょう。着ている洋服はずたずたに破れ、顔や背中、手、足等、火傷をしているのです。なかには、外から見て何一つ傷がない人もいました。
その人たちは、みんな講堂の床板にござをしいて、その上に寝ころんだり、うずくまったり、または木の長椅子に腰かけたりして所せましと収容されました。私たちは、大急ぎで、薬といってもオキシドールと赤チンキと黄色い粉の薬しかなかったけど、それを無我夢中で塗ってやりました。傷口には、ガラスの破片がいっぱい突き刺さっています。それにうじ虫までが、傷口に突き刺さるように幾つも幾つも食いついているのです。
「痛いよう。痛いよう……。 う…うう……水水」
という傷ついた人たちの悲鳴を聞きながら、ただ夢中で、ピンセットでガラスの破片やうじ虫を取りのぞき、薬を塗ってやったり、走っていって水で口を湿らしてあげたりしました。
ふと見ると、可愛い赤ちゃんが、傷一つないのに死んでいました。するとそばにいた傷一つついてないおじさんが、ふらふらと立ち上がって10歩ばかり歩いて、そこにあった木の長椅子に「どすーん」と座ったかと思うと、両手を椅子の背にたらして亡くなってしまいました。
中央の方では、女学生と若い女の先生が、輪になって座り、苦しさをおさえて、静かに小さい声で讃美歌を歌っておられました。でも、その人たちの中からも次々に死んでいく人が出たのです。
苦しさに、朝鮮の人が、大きな声で、
「アイゴー、アイゴー、水、水、水をくれ。」
と泣き叫ぶ声も耳に突き刺さりました。私たちは、そんな人たちの間を、あっちへすりぬけ、こっちへすりぬけ、まるで操られているように動き回ってお世話をしました。
やがて夕方になり、婦人会のおばさんたちが、おにぎりをつくって持ってきて下さいました。でも、どうしても胸がつまって、一つも食べることはできませんでした。
2日、3日と経つうちに、死んでいく人がどんどん増え、ある教室は、死体を安置する場所になってしまいました。
三日三晩、家に帰らないままお世話していたら、着ているものはもちろん、頭から足の先まで、異様な臭いが染み込んでしまっていました。でも、じっと家にいるわけにはいきません。それからとうとう10日間位、みんなで力を合わせて泣きながらお世話をしつづけました。
8月20日頃になると、生き残った人は半分位になってしまい、その人たちを、やっと病院に移すことが出来るようになったのでした。この時のことは、今思っても涙が出てきます。
皆さんは、こんな様子は想像もつかないでしょう。でも、これは、今から37年前に、私の目の前であった本当のことなのです。
こんなことが二度と繰り返されてはなりませんね。日本だけでなく、世界のどこででも。
そのためには、一人一人がしっかりした考えを持っていなくてはなりません。どんなことが戦争につながってしまうのか、わかる人にならないといけません。
皆さんは、私の話をとてもよく聞いてくれたので、きっとこのことをわかってくれて、平和な、楽しい社会を築いてくれることを信じます。では、これで終わります。

お問い合わせ
政策振興部 企画政策課
〒854-8601 長崎県諫早市東小路町7-1(本庁 ・本館6階)
電話番号:0957-22-1500
ファクス:0957-27-0111

より良いウェブサイトにするために皆様のご意見をお聞かせください

 この情報は役にたちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 この情報のページは見つけやすかったですか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...